LIVE online ママの快適ライフ手帳
私の体調管理  こどもの元気  パパの健康  じぃじとばぁば  おでかけ  ママになりたい 

LIVE online ママの快適ライフ手帳

カテゴリ未設定

感情の発達はママの笑顔から


赤ちゃんが無邪気に笑った顔は、とても可愛らしいですね。見ているだけで幸せな、暖かい気持ちになります。

子どもは「嬉しい」「楽しい」と感じることで、笑顔になります。大人のようなつくり笑いはできません。

心から嬉しい!楽しい!幸せ!と思うことで、最高の笑顔を見せてくれます。

0031_xlarge

3~4ヶ月から、社会的微笑が始まります

生まれたばかりの赤ちゃんが、寝ているときに笑顔を見せることがあります。これは、感情が芽生えて笑っているのではなく、無意識に筋肉が動く「生理的微笑」「新生児微笑」と呼ばれるものです。

個人差はありますが、3ヶ月~4ヶ月くらいになると、お世話してくれるママやパパを安心できる人と理解して、頻繁に笑いかけるようになります。これを「社会的微笑」といいます。

社会的微笑を見せてくれるようになると、ママもパパも、自分を見てにっこり笑ってくれる赤ちゃんを、愛おしいという気持ちが増してより愛場を注ぎます。

家族とのコミュニケーションもどんどん深まっていきます。

0071_xlarge

赤ちゃんはママの顔をまねします


赤ちゃんは、抱っこされると、じっ~と顔を見つめますね。

ママが満面の笑みを見せると、赤ちゃんもにこにこと笑います。ママが悲しそうな顔をすると、泣き出したりすることもあります。これは、ものまねする神経細胞「ミラーニューロン」の働きによるものです。

生まれながらにして備わっている、鏡のように反応するミラーニューロンは、目で見た他人のしぐさと、同じ行動をとるように指令を伝える神経です。

赤ちゃんは、この神経細胞の働きで、ママの色々な表情や声をまねすると、表情を獲得し、感情も豊かになっていきます。


さらに、このミラーニューロンは、他人の心を理解する「共感力」を育むと考えられています。

共感力とは、相手の気持ちを同じように感じて行動する力です。例えば,自分達が遊んでいる近くに1人でポツンと立っている子を目にしたとき、さみしいんじゃないかな、と感じて「一緒に遊ぼう!」と声をかけてあげられる力です。

・他人の気持ちを表情から感じとる
・その場面で適切な行動をとる
・他人と協力して作業ができる

子どもたちは幼稚園、学校、社会人として生活していく中で、家族以外のたくさんの人と人間関係を築いていきます。それぞれの場面で、良好な関係をつくるときに大切なのが、コミュニケーション能力です。

集団生活をスムーズに行うためにも、共感力とコミュニケーション能力が必要になります。

最近の子どもたちはコミュニケーション能力が低下している、という声も聞かれます。

子どもは、ママの表情や行動から、敏感に心の状態を感じとることができます。

共感力は他人を思いやることができるという、人間のとても優れた能力です。小さなころから、相手の感情を感じとる力も育てていきたいですね。



☆LIVE編集部

カテゴリ未設定

  • 私の体調管理
  • 子どもの元気
  • パパの健康
  • じぃじとばぁば
  • 家族でおでかけ
  • ママになりたい

アクセスランキング(週間)