LIVE online ママの快適ライフ手帳
私の体調管理  こどもの元気  パパの健康  じぃじとばぁば  おでかけ  ママになりたい 

LIVE online ママの快適ライフ手帳

カテゴリ未設定

妊活の基本 食生活改善初級② 玄米を食べよう


こんにちは。美活・妊活専門スタジオ アクティブ☆チワワ 代表の露木由美です。

フィットネストレーナーとして、そして4人の子育てを通して約5000人の方々の健康のお手伝いをしてきました。


妊活の基本は「食生活」「適度な運動」「デトックス」「皮膚に使うものの改善」「快適な心」です。

今回は食生活改善初級編②です。

(食生活改善初級編①はこちら


本来の力が出せる食生活の流れは
まず、悪いものを取り入れない+悪いものを身体から出す(デトックス)
そして、本来の力が出せる食生活(身体を整える)

まずは主食をお米にしよう

地産地消、日本の土地で取れたものを、日本に住む私たちが食べるというのが1番の食生活の基本になります。


食生活で割合が大きいのは主食です。

1週間の食事の回数は、3食×7日=21食、ですから、主食を変えると大きく変わります。

日本人に合った主食は、日本で取れるお米です。

カタカナ食事と呼ばれるパン、パスタ、ラーメンなどの主食は小麦粉でできています。

小麦粉を使った製品が日本には氾濫していますが、小麦粉の大半を日本は輸入しています。

日本でつくれないということは、日本の風土に合っていないということ。

主食をお米にするとおかずもシンプルになり、健康的な日本食をおいしく食べることができます。

カタカナ食事をするなら例えば「日曜日のブランチ」など、週の中でも特別な食事の位置づけにしましょう。

そう考えると、例えば今まで朝はパン、昼はラーメン、夜はお米、などの生活をしていた人は、週に半分くらいの食事がお米でなかったわけですから、いきなり週1回にしましょう、と言っても難しい方もいるかもしれません。

でもまずは第一歩を踏み出しましょう。


今まで「朝はパンが当たり前」だったことから、「週7回パンを食べているから、昼はお米に変えて、そのうち朝もお米にしていこう」と考えることは大きな一歩です。


週末の特別なときと考えること、自分で考えて選ぶこと、できなくても気にしないことが大切です。

できなくても、今週はできなかったけどまあいっか~来週チャレンジ!など、無理せずに少しずつ改善していきましょう。

そして、できる限り、お米は玄米で食べましょう。

なんといっても通常の食生活のなかで、デトックスする力が絶大だと感じるのが玄米!

デトックスのために特別なことをしなくても、玄米をよく噛んで食べていれば身体から悪いものも一緒に出してくれるのです。

乱暴な言い方をしてしまえば、主食が玄米なら副菜がいい加減でもどうにか健康でいられる、と私は思っています。

完全食と呼ばれるほど日本人に必要な栄養素が玄米にはそろっているのです。

玄米から、ほとんどの栄養素を無くしてしまったものが白米ですから、もったいない!

また、白米は玄米よりも食べる量が多くなりがちで、おかずも進んでしまいます。

a1f0db_f500a295c87b4c7d9254d26611073453~mv2_d_1536_2048_s_2

玄米をおいしく食べるには

今まで玄米が良いから食べてみようと試みても挫折してしまう話をたくさん聞きました。
そのほとんどの理由が「玄米はおいしくない」「玄米を食べると具合が悪くなる」「子どもが食べない」ということ。

しかし、それらはしっかりと「水」と「火」が入っていないことで玄米の力を出せていなかったのです。

紹介するおいしい炊き方をぜひ試してください。

「主人が食べてくれるようになった」「もちもちしていておいしい」「今までの玄米とは全く違う」とほとんどの方が主食を玄米にできるようになっています。

●玄米のおいしい炊き方

①玄米を洗う
(両手ではさみながら拝むように玄米の表面を洗いながら適度に傷をつけて浸水しやすくする)

②24時間水につけておく
(しっかり水を入れます、夏は発酵するので12時間後に一度水を変える)

③炊く前に1~2回水を変える

④玄米を炊く既定の量の水で圧力なべで炊きます
(圧が上がったら弱火にして20分、しっかり火を入れます、最後に30秒くらい強火で炊き上げる)

⑤圧が抜けたら炊きあがった玄米を適度に上下を返して混ぜる

※圧力鍋がなければ炊飯器の玄米モード、土鍋で白米よりも少し長い時間火を入れるなどで代用できます
※浸水した後の水の量がわからなくなった場合は炊飯器の内釜を利用してみましょう。3合の玄米を浸水させたとしたら、内釜に玄米を入れ、3合のしるしのところまで水をたしたものを圧力なべなどに移して炊きましょう。
※1日浸水した後にしっかり水を切っておけば冷凍保存することができます。浸水した後の玄米があればいつでもすぐに炊くことができますので、一度にたくさん浸水して冷凍しておくとラクです!

お金がかからずいつからでも始められる万能デトックス「玄米」にチャレンジしてください!

今まで玄米を食べていた方もぜひこの炊き方を試してくださいね、とってもおいしいですよ。


You are what  you eat.(身体は食べた物からできている)


当たり前のことですが、「身体は食べた物からだけ」でできています。

身体は食べた物を良く現していますから「食べる物を整える」と「身体が整う」ということになります。本来の力が出せる食生活にして、元気な身体をつくっていきましょう。



☆LIVE編集部

カテゴリ未設定

  • 私の体調管理
  • 子どもの元気
  • パパの健康
  • じぃじとばぁば
  • 家族でおでかけ
  • ママになりたい

アクセスランキング(週間)