FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

【NEXT 1月特集】フィットネス注目動向2016"フィットネスクラブ"篇

2016.12.27 火 スキルアップ
s_p72-73_1B

2016年、フィットネス業界ではどんなムーブメントがあったのか?NEXT1月号の特集では、以下の4つの視点から今年の注目動向をまとめています。

「“フィットネスクラブ”が注目した2016年のフィットネス動向」 

「“インストラクター・トレーナー・オブ・ザ・イヤー受賞者”が注目した2016年のフィットネス動向」

「“プログラムディレクター・オブ・ザ・イヤー 受賞者”が注目した2016年のフィットネス動向」

「“フィットネス・スポーツ・健康情報誌の 一般メディア”が注目した2016年のフィットネス動向」  

※特集内容はインストラクター・トレーナーのキャリアマガジン誌「月刊NEXT1月号」でもご覧いただけます。

フィットネス注目動向2016"フィットネスクラブ"篇

株式会社ルネサンス


IN the CLUB – 『グループファイト』

2016年のヒットプログラムはMOSSAの格闘技系プレコリオプログラム「Group Fight(グループファイト)」です。2016年4月に全店に導入し、10月の導入本数はエアロビクスに次ぐ実績となりました。

1クラブあたりの導入本数は平均6.6本です。現在、全国で約500名の認定者が活躍し、集客実績は全プログラムのTOP5に入ります。高い集客力の1番の源は担当者自身がプログラムを楽しんでいること。それがお客様に伝わった結果だと思います。

%e7%89%b9%e9%9b%86%e2%91%a0

育成や品質管理を担うプロジェクトメンバーがクラブを巡回してブラッシュアップやイベントを効果的に行えたこと。クラブごとに練習会を実施できていること。それらをSNS等を活用し事例共有することで他クラブの取り組みに刺激され、楽しみつつ高いモチベーションで練習やレッスンに臨むことができているようです。

それにより参加者の方々の期待値と、レッスンのクオリティが相乗的に高まってきています。参加者層は老若男女で、格闘技系プログラムで男性も参加しやすいことも、高い集客力に繋がっています。

Outside the CLUB – 『出張フィットネス』

力を入れてきているヘルスケア分野では「健康経営会議」の事務局としても3年目を迎え、職域向けのフィットネスプロバイダーとして、ネットワークを広げながら提供商品を拡充しています。

ルネサンスクラブの法人会員制度に加え、わざわざ足を運ばずともフィットネスを習慣にしていただくべく、レッスンを職域に届ける「出張フィットネス」の実施も広がっています。ストレッチやシナプソロジーなど、手軽にリフレッシュできるプログラムを、オフィスに届けています。

%e7%89%b9%e9%9b%86%e2%91%a1

アプリを通じてビジネスパーソンにフィットネスを届ける取り組みも進めています。一つは、食習慣の改善をサポートするアプリ「カラダかわるナビ」。株式会社リンクアンドコミュニケーションと共に、従業員の方へ情報に基づいた食習慣のアドバイスを提供するとともに、各社の人事部等でデータを管理できるようにして、企業全体や個々の状況に合わせた健康づくりを提案しています。

もう一つが、女性向けヘルスケアアプリ「カラダのキモチ」へのコンテンツ提供です。「カラダのキモチ」はドコモ・ヘルスケアが運営するサービスで、女性の月経周期に合わせたアドバイスなどが得られることが特徴です。ルネサンスでオリジナルプログラム「カラダのキモチヨガ」を開発し、アプリのコンテン ツとして提供するとともに、ドゥミ ルネサンスで実際のレッスンが受けられる環境を用意して、働く女性の健康づくりをサポートしています。

New TOPIC – 『CYCLE&STUDIO R(アール)』

s_les-mills-the-trip-405

テクノロジー分野の注目トレンドであるバーチャルリアリティ(VR)を活用した新感覚のブティックスタジオ。音響とライティングで異次元空間を創り、選曲とレッスン構成、演出に定評のあるレスミルズプログラムで、高い運動効果を狙う。次世代トレンドを見据えた新業態。

【お話を聞いた方】
株式会社ルネサンス 事業サポート部
ソフト開発チーム
課長 石野田神さん、課長代理 畑岡秀一郎さん

株式会社ティップネス

IN the CLUB – 『秋冬リリースプログラム』

2016年は久しぶりに秋冬に新プログラムを投入しました。ここ数年、新プログラムのリリースは春のみで、スタジオ向けには動的静的プログラムをそれぞれ1プログラムずつ、フリースペース向けショートプログラムを数種類リリースしていましたが、今年は秋冬にも投入することで、年間でのグループプログラム参加者を増やし、定着率を高く維持することを目指しました。

具体的には、2016年春の新プログラムとしては「ユニバーサルミュージックワールドダンス」と「ファンクショナルシークエンスヨガ」。ショートプログラムとして「スリムコアボール」「カロリーバーナーHR」「バーチャルストレッチ」。秋冬プログラムと しては、ラテンダンスを基盤にした「ヒップメイクダンス ブンブン」と「美姿勢ワークアウト」をリリースしました。

s_%e7%be%8e%e5%a7%bf%e5%8b%a2

集客力では「ユニバーサルミュージックワールドダンス」が初動でティップネス歴代2位となるヒットプログラムとなりました。メジャーな楽曲に合わせて踊れる魅力に、初心者の方からクラブ歴の長いメンバーまで広く惹きつけたことが高集客の要因となっています。

新しい切り口としては、「カロリーバーナーHR」が新たなコンセプトで新たなメンバーにリーチできるプログラムとなりました。ハートレートに着目してレッスンをリードすることや、ジムのカーディオエリアでバイクやトレッドミルなど好きなマシンで参加できることなど、スタジオに馴染みのないメンバーがグループプログラムとの接点が持てる新しい機会となりました。

Outside the CLUB – 『新たなチャネルでの顧客接点創造』

2015年9月から日テレの朝の情報番組「Oha!4 News LIVE」内で放映をスタートした「Oha! TIP 1min .体操」は、ティップネスの現商品部部長の福池 和仁さんが「ティップネス部長」として、毎日1分間のエクササイズを紹介するコーナー。レギュラー出演のほか、番組内で読売巨人軍の選手を招いたり、数々のスピンオフ企画で芸能人を指導するなどして話題を提供。またテレビ以外にも、フルマラソンに自ら参加し、会場でエクササイズを紹介するなどリアルイベントでも活躍しました。

ティップネス部長監修の「グッジョブチューブ」や「カロリビクスシェイプスパッツ」などオリジナル商品の企画販売も手掛けました。

また、2016年11月からは日テレ傘下の動画配信サービスHuluに「TIPNESSチャンネル」を開設。Oha!TIP 1min.体操のロングバージョンや、クラブで展開しているグループエクササイズのショートバージョンを中心に、家でも実施でき るプログラムのとして配信もをスタートしました。

MasterArt

メディアを中心とした新たなチャネルを通して一般生活者の方々との接点を広げ、フィットネスを始めたり、ティップネスに足を運んでくださる方が増えることに繋げていきたいと考えています。こうした顧客創造の方向性は、今後も加速させていく予定です。

New TOPIC – 『ティップ.クロス TOKYO渋谷 リニューアル』

ファンクショナルトレーニングに特化した初の総合フィットネスクラブとして最先端のサービスを提供してきたティップ.クロスTOKYOの1号店である 渋谷店が、オープンして5年が経過した今年の春、その象徴であるファンクショナル・トレーニング・フィールドを大幅リニューアル。日本初導入となるライトニングシステムをはじめとした6つの最新システムやツールを導入しつつ、身体の各機能を高めるトレーニングを1フロアで順序良く、効率良くおこなえるようエリア設定しました。

s_ph_ftf_02-1

またそこで行われるプログラムでは、心拍管理モニターや、様々なギアを使用しながら、光、音、センサーによる演出面でも楽しみながらワークアウトすることができ、さらなるファンクショナルトレーニングの浸透促進と、より専門性の高いサービス提供を実現しています。

【お話を聞いた方】
株式会社ティップネス 商品部
課長 小林知之さん、課長 徳永幸史さん

<次ページ:ICTを活用したサービスの登場も目立った1年>

< 前のページ1 / 2次のページ >