FITNESS ONLINE

facebook twitter googleplus
一覧へもどる
2017.01.18 水

ルネサンス、ソニーのラケット装着型センサーとプレイ映像を活用した「スマートテニスレッスン」提供

テクノロジー / デジタル
STS

株式会社ルネサンスは、ソニー株式会社が開発したケット装着型センサー「Smart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)以下、スマートテニスセンサー」を2017年4月より、運営するテニススクールで順次実用化していくと発表した。

スマートテニスセンサーは、ソニーが2014年に発売したテニス用のセンサー。テニスラケットのグリップ部底面に装着し、専用「Smart Tennis Sensorアプリ」とBluetooth接続することで、テニスのショットを即時分析し、スマートフォン上に表示する。

【関連記事】ルネサンス 「スマートテニスセンサー」を導入したイベントレッスンをスタート!(2016.4.28)

計測されたショットのデータや撮影されたプレー映像は、コートサイドに設置された閲覧用のタブレットや、スマートフォンで確認することができる。センサーを利用することで、より具体的に上達に向けた課題を共有することができるため、プレイヤーはコーチからのアドバイスと可視化された自分のプレーを比べることで、上達に向けてより効率的に練習を行うことができるようになる。

また、「スマートテニスレッスン」で記録された映像やショットデータ、コーチからのアドバイスはプレイヤーのスマートフォンからも繰り返し確認することができ、レッスン終了後の振り返りにも便利に活用できる。

sec-1-2レッスン風景イメージ(出展:ルネサンスHP内)

【スマートテニスレッスンの特徴】
参加者は、「スマートテニスセンサー」を装着したラケットを使用し、その場でショットのデータと映像を「スマートテニスセンサーアプリ」で確認しながら、コーチからアドバイスを受ける。リアルタイムで自分のショットを確認できるため、フォームなどの修正もわかりやすく、よりテニスの上達を目指すことができる。
今回は通常のスクールレッスンではなく、イベントレッスンとして「スマートテニスレッスン」を開講する。

【スマートテニスセンサーアプリの特徴】
1.プレーが見える
スマートテニスセンサーが取得したすべてのショットのデータを、スマートフォンでリアルタイムに表示できる。

2.プレー結果を貯める
取得したデータはスマートフォンに蓄積され、スイング種別ごとに分類される。自分のプレーを後から振り返って分析することができる。

3.データと映像で振り返る
ショットごとのデータを映像と同期して記録・再生することができる。映像をショット単位で早送りする、気になるショットを繰り返し見る、特定の種類のショットだけを抜き出して見るなど、さまざまな方法で再生することができる。

ルネサンススマートテニスレッスンWEBサイト
http://www.s-re.jp/renaissance/stl/

SONY スマートテニスセンサーWEBサイト
http://smartsports.sony.net/tennis/JP/ja/

facebook twitter google plus hatena bookmark line pocket