FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

【NEXT 5月特集】ブティックスタジオ大特集@NEW YORK

2017.05.08 月 スキルアップ
brick①

NEW YORK #03 クロスフィットを原型に据えるブティックスタジオ「Brick New York」

クロスフィット理論に安全性とファミリー感覚を加えたコミュニティジム

「単なるフィットネスでなく、ファミリーとして支えあう場」をコンセプトに、クロスフィットジムに、初心者でも安心して参加できるコミュニティ感をプラスしたブティックスタジオ。

brick①3スタジオで、3種類のプログラムを提供

①クロスフィット、②ビーフィット(クロスフィットからオリンピックリフティングなどの要素を除いて安全性を高めたクラス)、③ビーエックス(カーディオワークアウトを組み合わせたブートキャンプタイプのクラス)。その他、ストレッチやヨガ、ランニングなど週150クラスを提供。

オーナーは元格闘家であり、現役クロスフィッターとして、世界大会上位20位に常に入るクロスフィットの真髄を知る一人。クロスフィットにより多くの人が親しめるようにと、2010年ロサンジェルスに1号店をオープン。

brick②

多店舗展開を目指して、ビジネスモデルの構築とブランティングを進めてきている。モダンで骨太なデザインの内装に加えて、チェックインからワークアウトのフィードバック、ランキング表示などにテクノロジーが積極的に活用されている。

ブリックメンバーでなくても、お弁当をオーダーした人が取りに来る。ヘルシーなライフスタイルを持つ人へのマーケティング策のひとつ。

Wi-Fiやフレッシュコーヒーのサービスなどに居心地の良さも感じられる。現在、米国主要都市に8店舗、スペインに1店舗を展開。月会費275ドル。

brick③

全店舗でのワークアウトに参加した人の結果がランキングで見られるモニター。コミュニティ感の醸成に一役買っている。

brick④

ヘルシー弁当をデリバリーする「ケトルベルキッチン」のピックアップボックスを館内に設置。

<次ページ:#4 ブティックスタジオの象徴「BARRY’S」>

< 前のページ4 / 10次のページ >