FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

日本初の脊髄損傷者専門トレーニングジム「J-Workout」、 福岡スタジオをオープン

2020.03.26 木 スポーツクラブ情報 ヘルスケア/ウェルネス

「一生歩けません」。医師からそう告げられても決して諦めない人たちを再び歩けるようにする。そんな強い想いで2007年にスタートした日本初の脊髄損傷者専門トレーニングジム「J-Workout」(ジェイ・ワークアウト)の、九州初となる福岡スタジオ(福岡市博多区)が、3月20日に誕生した。「限られた入院期闇内で車椅子での社会復帰を果たす」ことを目的とする病院のリハビリでは叶わない、「歩く」ことを最終目標に、失われた身体機能を取リ戻すためのパーソナルトレーニングを無期限でこ提供する専門ジムだ。同時に、「再生医療が普及するまで身体の状態を維持したい」「日常生活でできることを少しでも増やしたい」「同じ悩みを抱える仲間と励まし合いたい」といった様々なニーズに応える希少な場でもある。

今回のオープンについて自身も脊髄損傷者である代表・伊佐拓哲(いさ・たくのリ)は、「距離の問題で通うことができずにいた九州・山陰エリアの方々の近くにやっと来られた!そんな気持ちです。一人でも多くの当事者に、私と同じように“小さくても着実な進化"をもたらし、いつか再び歩くという希望の扉を開くお手伝いをさせていただく決意です。」と語っている。

10年以上にわたり地道に磨き上げられてきた、中枢神経にアプローチするアメリカ発祥の独自メソッドによる当社トレーニングは昨今、再生医療やリハピリに携わる医療従事者はじめマスコミからも注目・期待の目を向けられている。それらに応えられるよう、引き続き経験と進化を重ね、“再歩行=車椅子からの卒業”の実現に地道に寄与していくという。

トレーニングの特長

最大の特長は、"再歩行"を最終目標とする、麻痺部も含めた全身トレーニング。
普段では叶わない、立つ・歩くといった積極的なメニューも取り入れながら、完全マンツーマン~複数名のサポートで、安全を考慮した最適なトレーニングを都度オーダーメイドで実施する。

【トレーニングメソッド 失われた神経回路と身体機能の再構築】

寝返り・うつ伏せ・ハイハイ・膝立ち・直立というヒトの成長過程に沿った動きを繰リ返すパターントレーニングと、スクワットや片脚ずつ踏み出すなど高度な動きのトレーニングを組み合わせて、分断されてしまった脳と脊髄を繋ぐ回路=中枢神経の再構築を行っていく。これは、「繰リ返しの剌激に対して学習する」「よリ複雑な動きで学習能力が高まる」という中枢神経の特性にアプローチするもの。また、神経と同時に全身の骨格筋系も鍛えることが可能だ。

【主なマシンとトレーニング例】

■トレッドミル(オリジナル仕様)

腰髄にある歩行中枢をメインで鍛えるマシン。ハーネスで身体を吊リ上げた状態で、トレーナーが片脚ずつ動かして歩行練習を行う。脊髄損傷者の歩行機能改善に非常に有益なトレーニング。

■トータルジム(オリジナル仕様)

不安定な体幹を固定するベルトとトレーナーのサポートで、立位などに必要なスクワット動作を安全に行えるトレーニングマシン。角度を変えることで筋力や身体機能が低い方でも実施が可能に。

■パワープレート

立位ができない=下肢を中心に重力(負荷)がかからないことで起きる骨密度や筋力の低下を防ぐ高速振動マシン。上に乗るだけで、動かなくても振動で筋肉に負荷をかけられるため、脊髄損傷者に適している。筋肉の緊張を緩めるストレッチ作用も。

【その他サポート体制】

■半年に一度、担当トレーナーとの面談を実施し、成果と目標をしっかリ確認・共有。

■年に一度、東京で開催する歩行披露(トレーニング成果披露)イベントの出場者に選抜されるチャンスも。

■ハロウィンやクリスマスなど、クライアント同士の交流を希望する方に向けたイベントを定期的に行っている。

福岡スタジオ紹介ムービー:https://youtu.be/WIJPiA6UPVE

J-WorkoutHPhttp://j-workout.com/