FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

⾎管ダメージ防止策をカーブスが調査発表 夏バテしやすい⼈は⽑細⾎管の劣化が進んでいる可能性あり 

2019.07.29 月 ヘルスケア/ウェルネス

⼥性だけの30 分健康体操教室『カーブス』を運営する株式会社カーブスジャパンは、⽑細⾎管の劣化度と夏バテの関 係について、20代〜60代の男⼥1042名を対象に調査を⾏った。

その結果、⽑細⾎管の劣化度が⾼いと考えら れる⼈ほど、夏バテの症状を感じやすいことが判ったことを発表した。

調査によると、男性の 52.2%、⼥性の 72.4%が⽑細⾎管の劣化度「中・⾼レベル」と、男⼥とも半数以上が複数の 症状を感じていることが分かったという。

また、夏バテと⽑細⾎管劣化度の関係を調べたところ、⽑細⾎管の劣化症状が多 い⼈ほど、夏バテの症状を強く感じているという傾向が明らかになった。

根来秀⾏先⽣コメント

この結果を受けて、⽑細⾎管の専門家である根来秀⾏先⽣にお話を伺った。

「夏は⽑細⾎管のダメージに要注意︕ ⽑細⾎管はすべての⾎管の 99%を占め、⾝体の中で最も⼤きな臓器といえます。「⼈は⾎管から⽼化する」と⾔わ れ、⾎管年齢は健康寿命と密接に関係しています。⽑細⾎管は年齢ともに劣化・減少し、20 代に⽐べ 60 代では約 4 割も減ってしまいます。⽑細⾎管が劣化すると、チェック項目にあるように肌や髪の⽼化、免疫⼒の低下など、全⾝の 不調として表れてきます。 今回は⼥性の⽅が劣化度が⾼いという結果になりましたが、その原因としては、⼥性の⽅が男性よりも筋量が少な いため⾎流が衰えやすいこと、⾎流を良くする働きを持つ⼥性ホルモンが加齢とともに減少することによる影響などが考え られます。 また、夏は紫外線や気温の⾼さにより⽑細⾎管がダメージを受けやすい季節です。⽑細⾎管が劣化していると、栄養 や酸素、ホルモンや免疫物質が全⾝に⾏きわたりにくくなるため、だるさや冷え、⾷欲不振など、夏バテの症状が深刻化 しやすくなります。⽇中はしっかり運して交感神経を活発にし、それによって夜は副交感神経が働きやすくすることで、⾃ 律神経のバランスが整います。それは⽑細⾎管の劣化を防ぐことにつながり、夏バテ解消にもとても役⽴ちます」

夏バテに打ち勝つ︕⾎管⼒UP法

⽑細⾎管は加齢とともに減るが、⽑細⾎管トレーニングメソッドによって減少を防ぎ、何歳からでも増やすことができる。⽑細⾎管トレーニングメソッドは、次の 3 つのステップを毎⽇繰り返すシンプルな⽅法だ。夏は⽇照時間が⻑く なるため、⼀⽇のメリハリをつけやすい時期でもあるので、⾎管⼒をUPさせるチャンスといえるという。

①筋トレ+有酸素運で⾎流を上げる

⾎流を上げる最も有効な⽅法は筋トレと有酸素運*を交互に⾏ うことです。筋を鍛え、有酸素運を⾏うことで⾎流が良くなり⽑細 ⾎管が健全に保たれ、増加。ただし、激しい運は過剰な活性 酸素を⽣み出し、かえって⽼化を促進してしまう。

脈拍数が安静 時の3割増を超えない程度が適度な運の目安で、運動が苦⼿な ⼈、⾝体に不安を抱えている⼈はジムなどでトレーナーの指導を受けることを推奨している。

今回の調査では、有酸素運と筋トレのどちらも⾏っていない⽅が半 数以上にのぼる⼀⽅、どちらも⾏っている⽅は 24.3%にとどまっており、 効果的に運に取り組む⼈が少ないことが浮き彫りになった。暑さで ⾝体をかす気になれない時は、電⾞の中でつま先⽴ちをするなど、⽣ 活の中でできる軽い運から始めてみるとよいだろう。

②腹式呼吸で⾎管をゆるめる

⽑細⾎管をゆるめるには、腹式呼吸がおすすめです。⾎管の収縮・拡張は⾃律神経によって調節されており、緊張時 に働く交感神経が優位になると縮み、リラックス時に働く副交感神経が優位になるとゆるむようになっている。基本的に 意識してコントロールすることは不可能だが、⾃律神経を⾃分で整えられる唯⼀の⽅法が「呼吸」となる。

腹式呼吸でゆっ くり息を吐くことで副交感神経が優位になり、⽑細⾎管を緩めることに効果があるという。

③睡眠で⾎管のゆるみをキープする

睡眠の質を上げることで、⽑細⾎管をゆるめる時間をキープすることができる。睡眠中は⾃的に腹式呼吸になり、 副交感神経が優位になります。⼤⼈の場合、7 時間程度の睡眠時間が必要です。なお、⽇中に運をして交感神経 を優位にすることで、夜に副交感神経のスイッチが⼊りやすくなり、睡眠の効果をアップさせることが可能となる。

夏は⽇の出 時間が早く、早朝から明るくなってしまうため、睡眠ホルモンであるメラトニンは光に弱いことから遮光カーテンを活⽤するのもおすすめだという。

記事引用元:カーブスジャパン発表より

https://digitalpr.jp/r/34075