FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

フィットネスビジネス本誌ツアー・セミナー logo

開催概要

こちらのお申込みは締め切りました
2017年09月28日(木) 〜 2017年09月28日(木)

第50回フィットネスベンチャー研究会 テーマ「次代のフィットネス事業を創造するークリステンセン教授の『ジョブ理論』から学ぶイノベーション」

株式会社クラブビジネスジャパン フィットネスビジネス編集部

第50回目となるフィットネスベンチャー研究会(FVL)の講師は、ハーバード・ビジネス・スクール教授クレイトン・M・クリステンセン氏の近刊『ジョブ理論』(原題 Competing Against Luck、ハーパーコリンズ社刊)の日本語版解説を書かれている株式会社INDEEJapan代表取締役テクニカルディレクター津田真吾氏と代表取締役トレーニングディレクター山田竜也氏。
 
『イノベーションのジレンマ(原題 The Innovator's Dilemma)』などの著作で知られるクリステンセン教授の科学的な理論を応用し、世界的な企業の成長戦略と新規事業の創造を手掛けている米国イノサイト社と提携し、日本代表パートナーとしてグローバルなネットワークを築きつつ、大手企業の社内ベンチャーやベンチャー企業の支援を手掛けているのが、株式会社INDEEJapanです。同社は、「ジョブ理論」に基づいた「JOBSメソッド」を使ったコンサルティングに加え、ワークショップなども積極的に提供しています。

「JOBSメソッド」とは、業界に訪れている破壊的な変化を理解し、未解決のジョブ(顧客が本質的にやりたいこと)を発見することで、新しい事業アイデアを作る手法。J-O-B-Sの4つの観点からなるフレームワークを使って体系的な問いを積み重ね、顧客像と解決すべき課題をあぶり出していくことで、「未解決のジョブ=ビジネスチャンス」を発見します。

クリステンセン教授の『ジョブ理論』は、変化創造や変化対応が求められるフィットネス業界において、フィットネスクラブを展開する企業が、いかに顧客のインサイト(Jobs to be done)を掴み、これからの時代に対応したマーケティングやビジネスモデルを構築するのかについて、大いにヒントを与えてくれます。
 
そこで、クリステンセン教授とも親しく、またその理論にも精通している津田氏と山田氏のお二人に、ジョブ理論」に基づいた「JOBSメソッド」についてわかりやすく解説いただいたのち、簡単なワークショップを交えて、フィットネス市場におけるイノベーションモデル創造へのアプローチについて学びを深めたいと考えました。
 
 「イノベーション」実現をミッションとする経営層、企画開発担当者、現場のリーダーらに向く内容になっています。どうぞ奮ってご参加ください。

日時
2017年9月28 日(木) 午後6時30分~8時30分
場所
株式会社ルネサンス 本社3階 会議室
〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア 3階
TEL:03-5600-5411(代表)
https://www.s-renaissance.co.jp/about/outline/
テーマ/講師
「次代のフィットネス事業を創造するークリステンセン教授の『ジョブ理論』から学ぶイノベーション」

顧客のジョブ(Jobs to be done)とは、顧客が欲しい「もの」ではなく、それを買ってやりたい「こと」です。顧客の状況を理解し、なぜ商品を買ってくれるのかを理解する際に、クリステンセン教授の提唱する「ジョブ理論」が役に立ちます。

フィットネス業界においても、「体験価値」と言われて久しいですが、果たしてどのような「体験」を顧客は求めているのでしょうか。ジョブ理論とは? フィットネス業界の変化やイノベーションの可能性は? クリステンセン教授設立のイノサイト社の国内パートナーINDEE Japanの創業者と学びます。

◆津田 真吾氏
INDEE Japan 代表取締役テクニカルディレクター共同創業者

早大理工学部卒。日本IBMの社内ベンチャーであるハードディスクの研究開発に携わり、パソコン黎明期をエンジニアとして過ごす。取得特許は18件で、電気・制御・ソフトウェア・機械設計など多岐にわたる。

日本有数のR&Dコンサルティングファーム iTiDコンサルティングに参画、技術コーチングを体得。社内で事業開発部門を立ち上げる。

“新規事業の特殊部隊”であるINDEE Japanを立ち上げ、電機メーカーのバイオ事業立ち上げに尽力。日本ライセンス協会では学生チームを2度ビジネスプランコンテストのアジア優勝に導く。ハーバード大クリステンセン設立のイノサイトと提携、破壊的イノベーションの理論を実践する。

クリステンセン『ジョブ理論』日本語版の解説を記す。

◆山田 竜也氏
INDEE Japan 取締役トレーニングディレクター共同創業者

電気通信大学機械制御工学専攻 卒業。MIT Executive MOT 修了。NAL(現JAXA)にてカオス理論を研究。電通国際情報サービスにおいて黎明期の3D-CADの普及に携わり構造・振動・流体等の解析を手がける。

製造業で設計業務の改革を進める中で、システムの限界を感じ、製品開発全体をテーマとしたiTiDコンサルティングの立上げに参画する。リスクマネジメント、ナレッジマネジメント、技術伝承、コストダウン等のプロジェクトを進める一方で、技術者や管理職を対象としたトレーニングプログラム、組織開発コンサルティングに軸足を移して行く。2011年インディージャパンを設立。事業開発、組織開発をテーマにコンサルタント、ファシリテーター(IAF認定 Certified Professional Facilitator)、トレーナーとして活動中。海外旅行好きで滞在国数は60ヶ国以上。

◆INDEE Japan について
・”新規事業の特殊部隊”として2011年に創業
・製造業コンサルからエンジニア出身の3人が スピンアウトして設立
・大企業向けコンサルティング、スタートアップ育成、イノベーション研修を提供
・クリステンセン教授設立のイノサイトと提携・協業
参加料金
講演会…1,000円
※講演会終了後、講師を交えて懇親会を会場近くの飲食店で開きます。ぜひご参加ください(※懇親会費4,000円が必要になります)。
スケジュール
(1)ジョブ理論のエッセンス(45分)・・・山田氏
(2)フィットネス業界の新業態とジョブ(30分)・・・津田氏
(3)次代のフィットネスの可能性―ワーク(30分)
(4)Q&A(15分)

お申込み

【お申込み方法】
本勉強会専用FaceBookページをご存じの方は、ページ内にて講演会への出欠のお返事と合わせて、懇親会への出欠についてもコメントをお願いいたします。メールの場合は furuya@fitnessclub.jp までお送りください。