FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

ルネサンス、健康増進施設「みぞくちテラソ」を9月2日、鳥取県西伯郡伯耆町に開業

2019.08.23 金 スポーツクラブ情報 新サービス 業界動向

株式会社ルネサンスは、鳥取県西伯郡伯耆町(さいはくぐんほうきちょう)が地方創生・過疎対策事業の一環として取り組んでいる、役場分庁舎空きフロアを活用した健康増進・コミュニティ醸成及び就労機能を有する「みぞくちテラソ」の開業支援を進めいたが、本年9月2日に開業する運びとなったことを発表した。

1.地方都市におけるフィットネスクラブの開業支援事業
 株式会社ルネサンスは、全国166拠点で(2019年3月末・受託施設含む日本国内施設数)、スポーツ施設、健康増進施設、介護施設等を運営しており、そのノウハウを生かして自治体・民間企業の施設開業支援事業に
積極的に取り組んでいる。伯耆町においては、2017年4月に第一弾として、公共温浴施設「岸本温泉ゆうあいパル」に併設して伯耆町社会福祉協議会が運営する「フィットネス&スタジオ パル」を開業する支援事業を担
した。町民1万人の町でフィットネス会員登録数500名、年間来場者は約3.2万人を記録し、複合健康拠点の活性化に大きく貢献した。

2019年9月2日に第二弾としてオープンする「みぞくちテラソ」は、健康増進とコミュニケーションの場だけでなく、新たに就労の場として、多くの地域住民に利用いただけるものと考えており、同社は、これらの施設において、継続的に施設の運営支援を行っていく。

2.「みぞくちテラソ」の施設概要と特徴
名称:「みぞくちテラソ」
開業予定:2019年9月2日
開業場所:鳥取県西伯郡伯耆町溝口647番地 伯耆町役場溝口分庁舎4・5F
事業主:社会福祉法人伯耆町社会福祉協議会
施設構成:ジム、ファンクショナルトレーニングエリア、就労スペース、カラオケ ほか
URL:https://www.mizokuchi-teraso.com/

 地域の課題に対応し、地域住民の日々の生活に潤いと活力をもたらすことを目的に、トレーニングジム内でのコンディショニング系サーキットトレーニングや15分間の同社プログラム「カラダ改善シリーズ」を始め、高齢者が働ける場やカラオケ、セルフカフェなど、フィットネス事業の枠を越えた「生きがいづくり」の場を提供する。健康増進、雇用創出(地元企業の労働力の補填、高齢者の所得の拡大)、公共施設の有効活用を目指した課題解決型の事業となっている。

3.「ジムスタジオ型フィットネスクラブ」の開業支援事業の今後の展開
 同社は、地域の健康課題の解決につながる拠点(コミュニティ)の創出を目的に、自治体や地元企業が主体で運営するための開業支援を全国で展開し、より多くの地域の人々の心と身体の健康づくりを支援していく。