FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

セントラルスポーツ株式会社 健康経営優良法人 2019 「ホワイト 500」 に認定

2019.02.28 木 スポーツクラブ情報 業界動向

全国約 230 ヶ所でスポーツクラブを運営・指導しているセントラルスポーツ株式会社は、日本健康会議が進める健康増進の取り 組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰する経済産業省の「健康経営優良法人ホ ワイト 500」に認定されたことを発表した。

セントラルスポーツの健康経営について

同社では、経営理念 「0 歳から一生涯の健康づくりに貢献する」に基づき、お客様にご満 足いただけるよう常に笑顔で最高のサービスを心がけている。そのためには従業員とその家族が健康で 幸せであることが重要であり、それが企業の発展につながると考えているという。

一人ひとりが「明るく 仲よく 元気よく」活気ある職場づくりを実践し、より健康意識の高い組織をめざして、健康増進活動とウェルネス ライフの推進に取り組む。

2018 年 3 月に 「健康経営宣言」を制定、代表取締役社長を最高健康責任者 CWO (Chief Wellness Officer)とする健康経営推進体制の整備・基本方針を策定し、基本的な取り組みである、生活習慣病対策、 メンタルヘルス対策、働き方改革、女性の健康対策、受動喫煙対策の他に、自社スポーツ施設を利用した トレーニングの推進や「スタイルアップキャンペーン※」の実施、スポーツ系の同好会活動、スニーカー通 勤推奨やカジュアルデーの設定、従業員の表彰制度等を行っている。

セントラルスポーツは

「従業員の健康と幸せをもとに、事業活動を通じて、全ての人が笑顔で健康 に暮らす「ウェルネス社会」の実現をめざしてまいります」とコメントしている。

≪セントラルスポーツ健康経営への取り組みウェブサイト≫

https://company.central.co.jp/csr/employee/

※スタイルアップキャンペーンとは

年に1回、2 ヶ月間、身体の健康管理に気をつけ運動を継続する事により、より理想的なボディメイクに励むものです。体組成・歩 数等を計測、個々に目標値を具体的に設定し、事前事後の結果検証をしています。会社としては疾病予防、個人としては身体作 りと健康意識向上につながっている。