FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

NESTA JAPANが取り組む「REVOLUTION」プロジェクト

2016.09.15 木 トレンドサービス
s_img_0682

SPORTECの展示ブースで一際目を引いていたのが、NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)のトレーニングブース。参加者が体験していたのは、NESTA JAPANが普及に力を注いでいる『レボリューショントレーニングシステム』だ。アスリートが行うような素早く機敏な動きに一般の参加者が楽しくも真剣に取り組む様子は、フィットネスクラブや運動施設での新たな利用シーンを予感させるものであった。

日本のスポーツ指導レベルを引き上げるために開発

NESTA JAPAN代表の東山 暦氏はレボリューショントレーニングシステムについて次のように述べる。「スポーツのパフォーマンスを左右する4つの基本能力(パワー/アジリティー/リアクション/エンデュランス)を、効率よく効果的にトレーニングすることができる画期的なシステムです。ラダーやハードル、コーンなどを使ったトレーニングで、練習のための練習ではなく、『試合に勝つ』ための能力アップを図ります。エクササイズの組み方次第で、トップアスリートにも初心者にも、パーソナルにもグループにも、自在に対応させることができるのが大きな特長です。

日本のスポーツ・フィットネス指導の現場は、アメリカのようなスポーツ先進国に比べて、大きく遅れているといわざるを得ません。中学・高校の部活動を指導するのが英語の先生であったり、少年野球・少年 サッカーのコーチを父兄のボランティアが行うというのは、アメリカでは考えられないことです。英語は英語の先生が教えるのが当たり前であるように、スポーツはスポーツ指導の専門家が教えるのが当たり前なのです。日本ではなぜそうではないのか。それは、トレーナーのレベルが低いからです。プロとしてきちんと指導できるだけの知識やスキルを持ち合わせていないために、トレーナーの領域であるはずの仕事が、トレーナーに任せてもらえていないのです。では、なぜレベルが低いのか。それは、プロの指導者としての知識・スキルを学べる場がないからです」

s_img_0683SPORTEC2016でも多くの来場者の関心を集めていた「REVOLUTION」

日本のスポ―ツ指導に危機感を感じていた東山氏はトレーナーの活動をサポートする協会として、プロの指導レベルを身に付ける場を提供し、本来はスポーツ・フィットネスのプロの領域でと思われる数々の現場を取り戻していきたいとの思いを強く持つようになった。

「トレーナーが高い指導スキルを獲得し、社会のより幅広い分野で活躍してほしい。さらには、トレーナーの活躍 によって、より多くの人々に今よりもっと運動やスポーツを楽しんでもらいたい。『レボリューショントレーニングシステムスペシャリスト』は、そのような思いが込められた資格なのです」(東山氏)

具体的な取り組みと導入メリット 

リオ五輪が終わり、4年後は東京でオリンピック・パラリンピックが開催される。国をあげてのスポーツ振興・ アスリート強化が進められるなか、社会全体のスポーツ熱も高まっていくことが予想されている。特に子どもに関しては、いわゆる「ゴールデンエイジ」といったことばも広まり、子ども時代に正しい運動を学ぶことの重要性が認知されてきている。子どもの教育については、費用をかけてでもいいものを受けさせたいと考える親も多い。
フィットネスクラブが「運動・トレーニングに関する専門施設」として子どもの運動神経の開発・運動能力の向上に向けたプログラム提供を行うことは大きな潮流となりつつある。

「まずは、人材育成・資格認定団体として、昨年から行っている『レボリュー ショントレーニングシステムスペシャリスト』の資格認定講習会を定期的に開催していきます。さらに、『試合に勝つ』ためのトレーニング内容をより具体的に学べるよう、スポーツ別の講習会も開催していく予定です。指導者の育成だけでなく、私たちが直接指導・普及を行っていくことも計画しています。例えば、1,000種類以上のドリルを視聴できる動画配信サイトの開設、NESTA JAPANのトレーナーが全国各地を回ってトレーニングキャンプを開催していきたいと考えています」(東山氏)

またレボリューショントレーニングシステムが可能にするのは、スポーツのためのトレーニングだけではないという。 「ラダーやハードルを使って、シニアの運動機能や認知機能の維持・改善のためのトレーニングを行うこともできます。おかげさまで、すでにSPORTECで展示して以降、高齢者・介護施設からも多くの引き合いをいただいています。講習会やトレーニングキャンプは、オリジナル開催も可能ですので、興味のある方はぜひお気軽にご相談ください」(東山氏)

日本のスポーツ・フィットネス指導の現場に「REVOLUTION(革命)」 を起こすべく立ち上がったNESTA JAPAN。その動きからしばらく目が離せそうにない。

Sponsored by NESTA JAPAN

logo

【企画・構成】
株式会社クラブビジネスジャパン
オンライン事業部フィットネスビジネス編集部:庄子  悟