LIVE online ママの快適ライフ手帳
私の体調管理  こどもの元気  パパの健康  じぃじとばぁば  おでかけ  ママになりたい 

LIVE online ママの快適ライフ手帳

カテゴリ未設定

ウォーキングを続けて、毎日をアクティブに


前回は「アクティブケアとは何か」についてお話ししました。

アクティブケアは基本的に、簡単に継続できるものなら、どんなものでも構いません。ラジオ体操からストレッチ、筋トレやジョギングにスイミング等々、特になんでも構いません。

30分、40分以上やらないと意味がないようなことをいう方もいますが、そんなことはまったくありません。もちろん、より効率的、効果的に行うなら、何らかの制限や決めごとがあったほうがよいのですが、私が思うに、「まずはやってみること」そしてそれを「継続すること」が一番重要だと思います。

ウォーキングの効果で手軽に、健康に

そんなアクティブケアのなかでも私がおすすめするのは、なんといっても1番手軽に始められるウォーキングです。

今日は歩くことで得られる効果について少しお話しましょう。

ウォーキングをはじめとするアクティブケアにはたくさんの利点があります。

心疾患のリスク軽減、血圧コントロール、コレステロール低下、Ⅱ型糖尿病、脳梗塞、うつ、関節炎、転倒、メタボリックシンドロームなどの予防、ダイエット、体重のコントロール、理想の体型へのアプローチ、気持ち(心)の安定(アクティブケアの多くは、脳内の化学物質を増やす傾向にあるので幸福感や、リラックス、自己評価などがアップします)、細胞エネルギーの向上、筋力、筋スタミナアップ、酸素/栄養素を細胞への運搬力アップ、睡眠への効果、良い入眠、深い睡眠へ、夜間就寝(中途覚醒を防ぐ)、痛みのコントロール(48時間の急性期後、痛みのない範囲でアクティブケア行うことで、炎症部位(損傷部位)を周囲の筋肉がサポート)など、効果・効能を挙げると本当にキリがありません。

こんなにたくさん利点が得られるなんて、歩くことは本当に凄いですよね。

ではなぜこんなにたくさんの効果が得られるかというと、代表的な理由としては下記のようなものがあります。

①血流が良くなる
②細胞内でエネルギー(ATP)を作ってくれるミトコンドリアの活動が上がる
③筋力がついて弱いところ、痛むところを段階的に守ってくれる(痛みの軽減)
④太陽に当たることで良い入眠効果や多くのホルモン分泌に良い影響が得られる(メラトニン分泌)
⑤アクティブレストとしては最高

%e2%98%85mmp24065

疲労を軽減する「アクティブレスト」にも最適なウォーキング

疲れたときに何もしないでゴロゴロしているよりも、簡単な運動で老廃物質を流して疲労を軽減することをアクティブレストといいます。このアクティブレストに関してはまたの機会にお話しすることにしますが、ウォーキングはこのアクティブレストにも最適です。

例えば、毎日を気分良く過ごすために、お日さまのしたで簡単なウォーキングをすると、夕方から夜にかけてメラトニンというホルモンが分泌されて、勝手に眠くなるようなシステムを人間はもっています。私の知る限り、現在日本では多くの高齢者が睡眠薬や睡眠導入剤を毎日服用していますが、昼間、簡単なウォーキングを行うだけで、服用しなくても夜ぐっすり眠れるようになった方をたくさん知っています。

高齢者の場合はポールを使用したポールウォーキングなどが特におすすめです。

さあさあ、これを読んだらぜひ外へお出かけしてみてください。
このウォーキング、楽しく3週間から3ヶ月程度続けると、あなたの人生が変わるに違いありません。



☆LIVE編集部

カテゴリ未設定

  • 私の体調管理
  • 子どもの元気
  • パパの健康
  • じぃじとばぁば
  • 家族でおでかけ
  • ママになりたい

アクセスランキング(週間)