FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

フィットネスビジネス本誌ツアー・セミナー logo

開催概要

こちらのお申込みは締め切りました
2020年05月11日(月) 〜 2020年05月11日(月)

【終了いたしました】第60回 フィットネスビジネス勉強会「コミュニティをつくる」公開座談会(オンライン)

主催:株式会社クラブビジネスジャパン 企画:フィットネスビジネス編集部

こちらのセミナーは、現在発生している新型コロナウイルス感染症の拡大により緊急事態宣言が出されたことに鑑み、当初予定しておりました4月16日から延期し、5月11日にZOOMで開催することを決定致しました。

人口が減少し、モノやコトが充足し、あらゆるサービスが成熟化・陳腐化するスピードが速くなるなか、生活者は機能的な価値だけを求めるのではなく、情緒的な価値―「魅力的なヒトの集まりの所属し、何かを体験したい」といった欲求を満たすサービス―を求めるようにもなってきています。このままの方向でよりその傾向が顕著になっていくとすると、魅力的なヒトが集う「コミュニティ」に、今後より注目が増しそうです。そして、コミュニティに注目が集まってくると、広告・販促手法として、従来型のマス広告以上にリフェラル(紹介)が効くコミュニティマーケティングにも注目が集まってくるようにも思えます。

フィットネスクラブは、同じような関心軸の人々が集う魅力的なコミュニティの1つとして、また生活者の幸せをつくることができる場所の1つとして、大いに世の中に貢献できる可能性が大きいと思えます。もしフィットネスクラブが、生活者の健康(※健康とは、身体的にも、精神的にも、そして社会的にもすべてが満たされた状態=WHO)づくりをサポートする機能をもつとするなら、長寿に最も影響を与える因子としてのソーシャルキャピタル(人間関係資本)を醸成する場所として、自分が信頼できる仲間たちができること、そこでは安心していられること、さらにはそこで何らかの魅力的な活動が主体的にできることこそ、本来クラブが目指すべきことのような気もします。そうした観点から、フィットネスビジネスを再定義するなら、「コミュニティビジネス」といえるのかもしれません。

もしフィットネスクラブを真に居心地のいいサードプレイスにできるとしたらどうすればいいのか? 業界のリーダーらとともにそのヒントを探りたいと考え、先日、誌面への記事掲載を目的に行った編集部での座談会にご参加いただいたメンバーにお声がけし、リアルな公開座談会を開催することにしました。「コミュニティ」について考えている、たくさんの方々にご参加いただけたらと思っています。

日時
2020年5月11日(月)18:30~20:30
セミナー配信
Zoomによるオンライン配信のみとなります。
お申込みいただきました方には開催前日までにZoomURLをお送り致します。
参加費
フィットネスビジネスご購読者または広告主さま:¥4,000 /名(税込)
その他一般:¥6,000 /名(税込)
※ご入金後のキャンセルによる返金はできかねますのでご注意ください

スケジュール

18:15 受付開始

18:30~20:00

フィットネスビジネス座談会「コミュニティをつくる」公開座談会
<パネリスト>
株式会社フィットネスビズ 代表取締役社長 伊藤友紀氏
株式会社ティップネス 取締役執行役員 小宮克巳氏
野村不動産ライフ&スポーツ株式会社 経営企画部長 菅原大輔氏
株式会社東急スポーツオアシス株式会社 取締役常務執行役員共創推進本部長 向井宏典氏
(順不動、以下敬称略)

司会:フィットネスビジネス編集長 古屋武範

20:00~20:30
質疑応答

フィットネスビジネス勉強会のメリット

①重要かつタイムリーな話題をテーマに、すぐに活きるビジネススキル・知識が学べます

②双方向型の勉強会なので、アウトプット能力が高まります

③自分自身が今抱えている問題が解決できます

④クラブビジネスのおもしろさがわかり、自身の今後のキャリアパスが見えてきます

⑤志の高い業界人とのネットワークが築け、今後のビジネス人生にプラスになります

お申込み

お申込みボタンよりフォームにご記載いただいた上、参加費をお振込みください。

株式会社クラブビジネスジャパン
三井住友銀行 中央支店
普通 1707013
振り込み期日 5月8日(金)