FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

フィットネスビジネス本誌ツアー・セミナー logo

開催概要

こちらのお申込みは締め切りました
2019年09月27日(金) 〜 2019年09月27日(金)

【終了いたしました】フィットネス産業の潮流を変える”フィットネス版情報共創プラットフォーム”の創造

共催:フィットネス版情報共創プラットフォームプロジェクト・『Fitness Business』編集部 後援:一般社団法人日本フィットネス産業協会(FIA)
※フィットネス業界情報共創プラットフォームプロジェクトは、現在、ルネサンス・ティップネス・東急スポーツオアシス・ミクシィ・野村不動産ライフ&スポーツ・住友生命ヴァイタリティ(以上、敬称略)・クラブビジネスジャパンで取り組んでいます。

オフラインがなくなり、あらゆる行動がデータとなって個人IDに紐づく「アフターデジタル」と言われるこれからの時代に、生活者自身が健康に関するデータを活用して豊かなフィットネスライフを送り、フィットネスクラブとのエンゲーメントを高めつつ、関係者らがともに幸せになっていけるようなモデルを、フィットネス業界のプレイヤーらが中心になってつくることはできないでしょうか? いわゆる“フィットネス版情報共創プラットフォーム”です。

それがつくれたなら、例えばフィットネスクラブの会員さま(将来、会員さまとなるだろうお客さまや退会されたお客さまを含む)がスムースに自身の健康に関するデータを記録・集計・保存でき、それに基づいてクラブから最適なアドバイスをもらえたり、自分と似た目的をもつユーザーが何をどのようにしてその目的を達成したのか? 自分の健康度は相対的に今どの水準にあるのか?といったことがわかったり、さらには趣味や志向の似た会員同士がクラブという枠を超えてコミュニティをつくり楽しめたり、クラブを移っても自身のデータを管理・活用するといったことができることになります。 クラブとしても、単独でシステムを開発・運用するよりも低い投資額・コストでシステムを開発・運用でき、ユーザーとのコミュニケーションも今よりもっと密にすることができるようになります。
将来的には、保険会社やサプリメントメーカー、マシンサプライヤーなど、多くの関連企業も、このプラットフォームを活用できるようになるでしょう。

こうしたプラットフォームをフィットネス業界のプレイヤーが中心になって開発していかなければ、医療分野や金融・情報分野などのプレイヤーが中心になってつくり、主導権を奪われかねません。 “フィットネス版情報共創プラットフォーム”をフィットネス業界のプレイヤーが今、協働してつくることで、この業界は、よりNPSやCSI、エンゲージメントを高めることができ、一段と高いステージに登ることができることになるのではないでしょうか。

このフィットネス産業の潮流を大きく変えるだけでなく、国や自治体の医療・介護費関連費用を大きく削減することにもつながるであろうこの“フィットネス版情報共創プラットフォーム”の活用可能性について知る、たいへん貴重な機会を設けました。ぜひ多くの方々ーとりわけフィットネスクラブを運営する経営者の方々ーにご参加いただきたいと思っています。
※自社でデジタルトランスフォーメーションに取り組んでいるフィットネス事業者にとっても、たいへん役立つ内容を提供します。ぜひこの機会に、この領域のサービスに取り組む場合、どんな手順で進め、何がポイントになるかなどへの理解を深めていただけましたらと思います。

《本セミナーの後援団体からの推薦コメント》
一般社団法人日本フィットネス産業協会(FIA) 会長 吉田正昭氏
「現在の最新トレンドを把握できる講師に講演いただきます。経営者の皆さんが当セミナーを通して、将来のビジネスチャンスを見出していただけたらとの想いで後援しています。たいへん貴重な機会なので、ぜひご参加されることをお勧めします」

日時
2019年9月27日(金) 18時30分~20時30分
会場
Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産
(東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号渋谷道玄坂東急ビル1階)
対象
フィットネスクラブ経営企業、フィットネス関連サプライヤー、関係官庁、学術研究機関、マスコミ・メディアほか
参加費
FIA会員企業 3,000円(税込)
FIA会員外  5,000円(税込)
お問い合わせ
株式会社クラブビジネスジャパン『Fitness Business』編集部内・フィットネス版情報共創プラットフォームプロジェクト事務局
TEL 03-5459-2841、FAX 03-3770-8744、E-mail fb.customer@fitnessclub.jp

スケジュール

■セミナー 18:30~
「場の革命 〜顧客とつながる時代のマーケティング〜フィットネス業界企業がともに目指すべきデジタルトランスフォーメーション」

デジタル化がすべてではないが、デジタル化なくして、これからの時代に対応した顧客サービスはつくれるのだろうか。それを自社だけですることには限界がありそうだ。企業の枠を超えてフィットネス業界の関係者が共通して利活用できるプラットフォームはつくれないだろうか。ノンユーザー(潜在顧客)を含む顧客と数々のフィットネスクラブがもっと長く、もっと深くこのプラットフォームを介してつながり、生活者のフィットネスライフを豊かなものにして、生きる喜びや幸せを感じられるようにできないだろうか。

フィットネスクラブが集めたデータは、そもそもお客さまのものであるはずだ。その個人データをその他のデータと併せて分析するなどして価値あるものにしてお客さまにお返しし、役立ててもらうようにすることは当然のことなのかもしれない。フィットネス業界のプレイヤーらが、協働してデジタルフォーメーションに取り組むにはどうしたらよいのだろうか? そのメリットは? 今やらなければどうなるのか? 具体的にお伝えしたい。

<主な内容>
(1)今、なぜデジタルトランスフォーメーションが必要なのか?
(2)フィットネスクラブのデジタルトランスフォーメーション事例
(3)フィットネス業界で構築・運用する情報共創プラットフォーム
(4)プラットフォームのメリット
(5)プラットフォームのつくり方

(講師)株式会社顧客時間
共同CEO / 代表取締役 岩井 琢磨(いわい・たくま)氏

早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)
1993年大広入社。マーケティング・プランナー、ブランドコンサルタントなどを経て、2012年コーポレート・コミュニケーション・センターのセンター長に就く。製造業・流通サービス業界などの事業変革プロジェクト、企業ブランディング設計プロジェクトを数多く支援している。2017年10月、Engagement Commerce Labに参画。2018年9月、株式会社顧客時間 共同CEO/代表取締役に就任。
著書に『世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略』(共著、日経BP社)、『物語戦略』(共著、日経BP社)、『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』(共著、日本経済新聞出版社)がある。日本マーケティング学会理事。

共同CEO / 取締役  奥谷 孝司(おくたに・たかし)氏
早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)

Engagement Commerce Lab 代表
オイシックス・ラ・大地COCO(チーフ・オムニ・チャネル・オフィサー)
1997年良品計画入社。店舗勤務や取引先商社への出向(ドイツ勤務)、World MUJI企画、企画デザイン室などを経て、2005年衣料雑貨のカテゴリーマネージャーとして「足なり直角靴下」を開発して定番ヒット商品に育てる。2010年WEB事業部長に就き、「MUJI passport」をプロデュース。2015年10月にオイシックス(現 オイシックス・ラ・大地)に入社し、現職に。2017年4月から一橋大学大学院商学研究科博士後期課程在籍中。2017年10月、Engagement Commerce Labを設立。2018年9月、株式会社顧客時間 共同CEO/取締役に就任。
著書に『世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略』(共著、日経BP社)がある。日本マーケティング学会理事。

 

※大変申し訳ございませんが、登壇を予定していましたミクシィ荻野様が、事情により登壇が叶わなくなってしまいました。代わりに、その30分間も株式会社顧客時間の岩井様・奥谷様にお使いいただき、ご講演をお願いすることにさせていただきました。既に参加申し込みをされている皆様、また参加を予定されている皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申しあげますとともに、何卒、ご了承を賜りますようお願い申しあげます。

お申込み

「お申込みフォームはこちら」ボタンよりお手続き後、参加費を以下までお振込みください。

株式会社クラブビジネスジャパン
三井住友銀行 中央支店 普通 1707013
※振り込み期日:2019年9月20日(金)