FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

ルネサンス、企業の健康経営ソリューション 「カラダかわる Navi」に睡眠アドバイスを搭載

2019.09.26 木 スポーツクラブ情報 テクノロジー

株式会社ルネサンスは、株式会社リンクアンドコミュニケーションと提供する、企業向け健康経営支援アプリ 「カラダかわる Navi」に、睡眠の質改善アドバイスを行うプログラムを新たに搭載した。

■サービス提供の背景
日本は、世界で一番、睡眠時間が短く、2番目に労働時間が長く、時間あたりの労働生産性は OECD 加盟国 35 か国中 20 位といわれている。睡眠をおろそかにすることは、生活習慣病やメンタル不調の主な要因となり、社員の健康はもとより、企業の経営を脅かすことにもつながる。同社は、上記の考えの下、昨年6月に社員の働く力を引き上げる「スリープタフネスセミナー」を開発し、質の高い睡眠からのアプローチにより、企業が取り組む健康経営への新たなサポートを開始した。「スリープタフネスセミナー」は、睡眠課題を食事や運動などを含めた生活習慣バランスを調えることで、睡眠の質向上に総合的に取り組む内容となっている。

今回、企業の健康経営支援アプリ「カラダかわる Navi」に新しく搭載された睡眠プログラムは、「スリープタフネスセミナー」と同様に、睡眠そのものだけではなく、食事や運動など生活習慣バランスから、睡眠の質を向上させるアドバイスが提供される仕組みになってる。同社は、「スリープタフネスセミナー」と「カラダかわる Navi」の提供を通じて、社員一人ひとりが、睡眠についての正しい知識と、スキルを習得し、自分にフィットする快適な睡眠を取り戻すことで、企業の成長と発展をサポートしていく。
※「健康経営」は、NPO 法人健康経営研究会の登録商標です。

■新!睡眠アドバイスプログラムの特徴
従来のアプリでは、睡眠状態の可視化まではサポートしていたが、睡眠の質向上に総合的に取り組むソリューション・アプリは、これまでほとんど提供されていなかった。今回、企業向けの健康経営支援アプリ「カラダかわるNavi」に新たに搭載された睡眠アドバイスプログラムはこうした課題を解決し、食事や運動などを含めた生活習慣全体から睡眠課題を捉え、睡眠の質を向上させる仕組みになっている。

【睡眠アドバイスの詳細】
(1)ウエアラブルデバイス等と連携 第1弾は、fitbit
(2)連携されるデータ項⽬
①睡眠時間 ② 入眠時刻・起床時刻 ③ 目覚めた回数 ④ 深い睡眠の時間 ⑤浅い睡眠の時間⑥ レム睡眠の時間 ⑦ 覚醒時間
(3)睡眠アドバイスの内容
連携データ項目と、よく眠れたかどうか?の睡眠への満足度に対する主観(ぐっすり・まあまあ・あんまり)、および食事・運動情報と組み合わせた、総合的なアドバイスを提供する。

睡眠アドバイスプログラムは、順天堂大学第学院医学研究科公衆衛生学講座 教授 谷川武先生が監修した。本日9月26日より、アプリ「カラダかわる Navi」に搭載され、全利用ユーザーの快眠をサポートしていく。
※スポーツクラブ向け健康アドバイスアプリ「カラダかわる Navi for スポーツクラブ」への、睡眠アドバイスプログラムの提供は 2020 年4月を予定。

≪参考 URL≫
カラダかわる Navi について→ https://hcbiz.s-re.jp/hc/service/karadakawaru/
スリープタフネスセミナーについて→https://bizfit.s-re.jp/recommend
ルネサンスの各種健康経営サポートプログラムについて→https://hcbiz.s-re.jp/hc/corp/