FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

JOYFIT、リロクラブのサービス導入で満足度向上と収益拡大を実現

2019.11.25 月 トピックス[Sponsored] トレンドサービス 新商品・サービス

株式会社ウェルネスフロンティアは株式会社リロクラブ(以下、リロクラブ)が運営・提供する「優待サービス(クラブオフ)」+「お見舞金サービス」を2018年1月からJOYFITに導入している。これにより、お客さまの満足度向上を図ると同時に、従来の会費収入に加え、付帯収入を得られ収益拡大につながっている。

【お話を訊いた方】

株式会社ウェルネスフロンティア 法人営業部 土田康太郎氏(左)
株式会社ウェルネスフロンティア 法人営業部 永田英樹氏(中央)
株式会社リロクラブ サービス推進ユニット 営業推進第1グループ 久原 平氏(右)

運営を一任、導入前後のフォローで加入者増、利用促進に努める

フィットネスクラブが増加するなか、競合との差別化としてオプションサービスを販売することはスタンダードになりつつある。その、オプションサービスのひとつとして、「優待サービス」+「お見舞金サービス」がある。しかし、これらのサービスを導入しても、お客さまへご案内できずにサービス加入へつながらないケースや、加入していても利用せず満足度向上に至っていないケースが多いという。これらの課題を解消するため、サービス運営元をリロクラブに一任する企業が増えているのだ。

オプションサービスの運営をリロクラブに切り替えるメリットとして、各社の目的に応じてカスタマイズできることが挙げられる。フィットネスクラブとお客さま双方の要望や特徴を汲み取りながらサービスを構築できるため、加入者の満足度向上や、フィットネスクラブの退会抑制・収益向上を達成できる。また、導入前後のフォローも欠かさない。導入前にチラシやポスターなど各種媒体の制作や、導入後の店舗向け説明会などを行うことで、従業員の理解度向上にも取り組んでいる。リロクラブのサービスは、200,000件以上の施設で優待を受けられること、お見舞金サービスが即日・回数無制限で適用できることなどが、他社にはない特徴だ。

全国のJOYFIT で説明会従業員のモチベーション向上

なかでも興味深い事例は、株式会社ウェルネスフロンティアが運営するフィットネスクラブ「JOYFIT」の取り組みだ。同社は’18年1月からリロクラブの「優待サービス(JOYFITClub Off)」+「お見舞金サービス」を「JOYFITあんしんサポート」として導入。会費+500円/月でお客さまに提供している。導入にあたって、リロクラブはサービス告知のポスターやPOP、加入者へ配布するパンフレット制作など、同社の要望に応じて柔軟に対応した。

また、店舗従業員を対象とした説明会を全国で行い、まずはジョイフィット内におけるサービス内容浸透に取り組んだ。さらに、「JOYFIT Club Off」の優待を実際に従業員が使用し、その様子を店舗に掲示したりSNSでアップしたりと、従業員の体験が告知につながっており、「理解が深まった従業員が積極的にお客さまに提案することで、堅調に会員数が増加している」(土田氏)と言う。従業員の理解度が深まることでお客さまへの営業スキルが高まり、加入者数が増える。それにより、自然と収益も増えていくといった好循環が生まれているのだ。

さらにリロクラブは導入後のアフターフォローも欠かさない。加入者および新規加入促進のために定期的にキャンペーンを実施し、プレゼントを提供するほか、’19年7月にはジョイフィットの従業員向けに「JOYFITあんしんサポートコンテスト」を実施。「JOYFITあんしんサポート」について、各店舗独自のプロモーション事例をコンテスト形式で競い合い、グランプリに輝いた店舗にはリロクラブからカタログギフトなどの賞品をプレゼントするといった内容だ。こうした施策により、従業員の理解度が一層深まり、高いモチベーション維持につながっている。

1年間で売り上げ大幅増加 お客さま満足度向上にも寄与

こうした施策が奏効し、現在約10万人のお客さまが「JOYFITあんしんサポート」に加入している。’18年は通常の会費に加え、大幅に売り上げがプラスされた。また、「JOYFITあんしんサポート」に加入しているお客さまは、未加入のお客さまに比べてクラブ退会率が低いこともわかっている。さらに、今年4月からは、より充実した優待サービスとお見舞金サービスが加わった「VIPプラン(750円/月)」も導入したことで、売り上げが一層拡大している。

「VIPプランを導入したのは、お客さまから、より充実した優待プランを利用したいというご意見をいただいたからです。また、コンパクトな24時間型ジムではトレーニング中に施設を破損してしまう可能性が高く、そのための保証も手厚くしました」(永田氏)

運営だけでなく、導入前後のフォローまで任せることができ、従業員の負担も軽減できる点が、リロクラブのサービスの大きな特徴の一つといえる。そのうえで、お客さま満足度向上、さらに収益源にもつながるとなれば、フィットネスクラブにおける新たな「武器」となるのではないだろうか。