FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

『Fitness Business』107号、発売中!特集テーマは「コミュニティをつくる」

2020.04.07 火 編集部コラム

先月の3月25日、『Fitness Business』の最新号が刊行されました。特集は、「コミュニティをつくる」
新型コロナウィルス禍(新コ禍)で、多くのフィットネス業界の関係者がお客さまとの”エンゲージメント”の大切さに、改めて気づかれたことと思います。では、具体的にどうすれば、いい関係性を構築できるのか?クラブがコミュニティやサードプレイスとしての魅力を備えられるしたら、どうすればいいのか?今号では、業界リーダーらとの座談会やコミュニティづくりに詳しい識者への取材等を通して、そのキーポイントを明らかにしています。

座談会では、ティップネスの小宮さん、東急スポーツオアシスの向井さん、野村不動産ライフ&スポーツの菅原さん、フィットネスビズの伊藤さんの4名にお集まりいただき、ディスカッションしました。

識者への取材では、元AWS(アマゾンウェブサービス)の小島さん、コルクの佐渡島さん、「幹事力」でおなじみのフジテレビの辻さん、幸福学で知られる慶応大学大学院の前野先生、「喫茶ランドリー」で知られるグランドレベルの田中さん、千葉大学で社会予防医学や老年学を研究している近藤先生などに、話をお訊きしました。

巻頭のPrinciple(信条)は、b-monsterの塚田眞琴新社長。会社が急成長している中で、経営者として最も重要視していることについてお話しいただきました。

サブ特集のHit Itemは「スモールグループエクササイズ」がテーマ。会員さまとスタッフがコミュニケーションをとりやすく、フィットネス初心者がスタジオプログラムに参加するきっかけにもなるため、ジムエリアなどで、スモールグループレッスンを採り入れるフィットネスクラブが増えています。ここでは、実際にスモールグループレッスンで会員定着を実現している、ディーズスポーツプラザ、セントラルスポーツ、ラストウェルネスなどの各社に、話をお訊きし、そこで採り入れているプログラムおよびシステムを紹介しています。

このほかにも、海外の先進情報、ニュース&トレンド、好評のたくさんの連載記事など、クラブ経営に役立つ記事を豊富に掲載しています。特集とサブ特集については、これからそれぞれリアルなセミナーも開催します。詳しくは、下記をご覧ください。

フィットネスビジネス勉強会「コミュニティをつくる」公開座談会
https://www.fitnessclub.jp/business/seminar/4390/

スモールグループを活用した会員定着セミナー
https://www.fitnessclub.jp/business/seminar/4392/

新コ禍の影響を受けているフィットネス業界ですが、こうした時期だからこそ、リスクに対応するとともに、将来に備えた確かな経営計画づくりや学習に取り組むことが大事でしょう。ぜひ『Fitness Business』や編集部が提供するサービスなどを最大限にご活用いただけたらと思います。

本誌のご購入はこちら