FITNESS ONLINE

facebook twitter googleplus
一覧へもどる
2016.06.30 木

ファンクショナルトレーニングの5大原則-

トレーニング
トレーニングの5大原則

ファンクショナルトレーニングには教科書やマニュアルがないとはいえ、提供するうえでの大まかな流れがあります。まず最初に姿勢と身体の動きを全体として捉えることからスタートします。そのうえで、ファンクショナルトレーニングの5原則に沿って必要なトレーニングメニューを行っていきます。

ファンクショナルトレーニングの5大原則

1.重力を利用する(Gravity)

スポーツに限らず人間が生活するうえで、基本となる姿勢は立位です。そして、立位の姿勢から歩いたり走ったり、ものを運んだり、障害物を飛び越えるためにジャンプをしたりという動作に発展されていきます。 このような何気ない日常動作や、サッカーや野球などのスポーツ動作の中で、常に体に加わる力が存在します。それが『重力』です。人間は、地球で生活をするかぎり、常に重力に抵抗して動作を行っているのです。ということは、スポーツに限らず、日常動作の機能を向上させるには、重力に対して耐えられる体を作らなければならないのです。つまり、動作の機能を向上するためのファンクショナルトレーニングは重力に耐える体を作るトレーニングであるべきなのです

例えば、仰向けでのクランチ動作は腹筋に対してとても厳しいトレーニングですが、腹筋の本来の機能(立位での体幹の固定)を考えれば機能的とはいえません。目的が機能の向上にあり、重力に対して抵抗を与えるならば、腹筋のトレーニングはうつ伏せにて体幹の固定に抵抗を加えるようなものを行なうべきです。

1.Gravity

2.共同(Integrate)と分離(Dissociate)

人間のカラダには多くの関節が存在し、それぞれの関節には役割が存在しています。関節ごとに正しい役割に応じて動作を行うことができれば、人間が本来持っている機能を最大限に活用したファンクショナルな動作が実現できるはずです。

例えば、腰椎・骨盤は大きな可動に適していない関節であるといわれStability Jointと呼び、それをまたぐ胸椎と股関節は大きな可動に適している関節なのでMobility Jointと呼んでいます。ファンクショナルな動作では、Stability Jointは”固定”、Mobility Jointは”動き”として、各関節を分離させて動作を行う必要があります。また機能を分離した関節は、ファンクショナルな動作の中では同時に活動し、全ての関節動作を共同させなければなりません。

2.共同(Integrate)と分離(Dissociate)

もし、体幹(腰椎・骨盤)と股関節が分離できていれば、足を上げたときに体幹が固定され体全体が安定します。足上げの動作をしたときにStability Jointである体幹が動いてしまったら、動作全体が不安定になり正確で効率が良い動作をすることが出来ません。

ファンクショナルトレーニングギアの購入は品揃え豊富な「フィットネス市場」へ

bnr-topics-functional

 

3.キネティックチェーン(kinetic Chain)

人間の運動動作は、1つの筋肉だけで行われているわけではなく多くの筋肉が連鎖(チェーン)して起きていると言われています。例えばランニングのときは、力は地面から足の筋肉を伝わり、お尻、体幹、上肢へと伝達され前進していきます。

もし、その連鎖が途中で途切れてしまうと、地面からのエネルギーが途切れてしまい、上肢まで力が伝わらず効率の良い動作が生まれないばかりか、連鎖が途切れた部分に傷害が起きてしまうことも考えられます。

背中の筋肉からお尻の筋肉までは、腰部にある筋膜を通って対角線で繋がっています。背中の姿勢をまっすぐに保ち、大きな力を発揮するためには同時に連鎖して機能したほうが効率的です。
トレーニングも一つの筋肉を鍛えるものではなく、複数の筋肉の連鎖を使ったトレーニングであるべきです。このトレーニングは左の大殿筋と右の広背筋の連鎖を鍛えるトレーニングです。

3.キネティックチェーン(kinetic Chain)

<次ページ:残る2つの要素とは?>

< 前のページ1 / 2次のページ >
facebook twitter google plus hatena bookmark line pocket