FITNESS ONLINE

facebook twitter googleplus
一覧へもどる
2018.02.06 火

クラウド代行管理システム「アルトノート」、代行管理業務にかかる負担を大幅に軽減 [PR]

テクノロジー / デジタル トレーニング トレンド 海外トレンド
アルトノート

チェルシー株式会社(以下、チェルシー)は、インストラクターの代行業務の負担を減らす、代行レッスン管理システム「アルトノート」を開発した。やむなくインストラクタ―代行を行う際の、インストラクター、施設両社の負担を少なくできるサービスとなる。

インストラクターにとって、レッスンを欠席するなどのことは極力避けたいことだが、やむなく欠席しなければならないときもあるはずだ。
そんなとき、多くの場合は、施設側が登録しているほかのインストラクターに慌ててメールや電話で連絡をとるなどし、探しているのではないだろうか。施設側にとって、代行に伴う作業負担はかなり大きいと考えられる。

「アルトノート」を開発したチェルシー代表取締役阿部喜次氏は、その開発経緯について「代行希望が出てもなかなか代わりが見つからず苦労している施設は多いと思います。大変な思いをして探して、やっと見つかったら今度はガイドラインの説明やホームページの更新、お客さまへの連絡の準備。代行に関連して起こるいくつもの作業負担をなくしたいと考えました」と述べている。
「アルトノート」はクラウドサービスのため、専用端末などの準備も不要。インターネットに接続できる環境ならば、どこでもシステムをチェックすることができる。
利用方法は店舗側でシステムにインストラクターとプログラムを登録し、レッスンスケジュールを作成する。システムより登録されたインストラクターのメールアドレスへ(システムへの)招待メールを送る。本人がそれを承認すれば、システムの利用が開始される仕組みとなっている。

システムの利用を全インストラクターに周知徹底できるかが鍵になり、情報が多くのインストラクターの目に留まりやすくなれば、その分、早く代行が決まることにつながるという。代行により発生していた作業負担が軽減した分、お客さまへのサービスに力を注ぐことができるようになれば、より効率的な施設運営に近づいていくことだろう。

<サービス問い合わせ>

チェルシー株式会社 アルトノート

サービスの詳細URL:https://altnote.jp/

メール:info@altnote.jp

facebook twitter google plus hatena bookmark line pocket