FITNESS ONLINE

facebook twitter googleplus
一覧へもどる
2017.03.17 金

「コンディショニング研究会」が発足 ティップネスなどが協賛

トレンド
コンディショニング協会

アスリートの世界で浸透し始めているコンディショニングの考え方を応用し、生活者の日々の心身の不調を改善し、積極的で健康な生活向上に寄与することを目的とした「コンディショニング研究会」が15日、発足した。協賛企業として株式会社ティップネスが研究会が得た知⾒や実践⽅法の普及、啓発活動のサポートを行う。

公式WEBサイト開設:  https://conditioning-lab.jp

設立背景とは

現在、一億総活躍社会の実現に向けて、個人の生産性の維持・向上を図るために、ストレスチェックの義務化や基準以上の残業を課した会社に対してペナルティを設ける大きな動きがあります。

また、既存調査※1からも多忙な毎日の中で、自分のコンディションの正しい情報認識や対策が困難になっており、日々のパフォーマンスを最大限に発揮できる心身の状態と向き合い、維持・改善していくことも難しい実情がうかがえます。

コンディショニングとは、アスリートの世界では「目的とする試合に向けての期間を限定された中での調整と、日常的なトレーニングをいかによりよい状態で効果的に継続していくかということへの対応」※2とされています。この考えは、限られた時間のなかで多くのタスクをこなさなければならない現代の生活者に浸透していないものの、他人事ではありません。

ティップネス×日テレ全国コンディショニング意識調査
https://conditioning-lab.jp/research/

この度、厳しく複雑な環境で常に成果を求められるアスリートの世界で浸透し始めているコンディショニングの考え方を応用し、生活者の日々の心身の不調を改善し、積極的で健康な生活向上に寄与するためにコンディショニング研究会を発足することとなりました。スポーツ科学や医学の見地から専門家で構成するメンバーが、データおよびエビデンスに基づいてコンディショニングを調査・研究し、新たな方策を検討するとともに、正しい知識と実践方法の普及活動を通してコンディショニングを推進していきます。

※1ティップネス×日テレ全国コンディショニング意識調査
※2引用:日本オリンピック委員会「オリンピックにむけてのコンディショニング」

<コンディショニング研究会の活動概要>
■発 足 日: 2017年3月15日
■発足メンバー:
杉田 正明(国立大学法人三重大学教育学部教授、博士(学術))※代表
川田 浩志(東海大学医学部内科教授、医学博士)
堀江 重郎(順天堂大学医学部大学院医学研究科教授、医学博士)
満尾 正 (満尾クリニック 院長、医学博士)
西沢 邦浩(日経BPヒット総合研究所主席研究員)
■協 賛: 株式会社ティップネス、株式会社読売新聞東京本社、日本テレビ放送網株式会社
■WEBサイト: https:// conditioning-lab.jp
■活動概要:
コンディショニングに関する各種調査・研究
データ、エビデンス等に基づいたコンディショニング情報の発信 / 定期総会・分科会の実施

<ティップネスの活動内容>
■定期総会・分科会への参加、事務局サポート
■ティップネスの知⾒やリソースの提供
■研究会が得た知⾒や実践⽅法の普及、啓発活動のサポート

facebook twitter google plus hatena bookmark line pocket