LIVE online ママの快適ライフ手帳
私の体調管理  こどもの元気  パパの健康  じぃじとばぁば  おでかけ  ママになりたい 

LIVE online ママの快適ライフ手帳

子どもの元気

子どもの外遊び


こんにちは。LIVE online編集長の剱持です。

体育の日、小学生の体力や運動能力は、幼児期に外遊びを多くしているほど、高い傾向にあることがスポーツ庁が公表した調査結果で初めてわかったという報道を聞きました。

 スポーツ庁が小学生を対象に、外遊びの頻度と体力・運動能力の関係について初めて調査したところ、小学校入学前の幼児期に外遊びを週に4日以上していた場合、それ以下の運動頻度に比べて、いずれの年齢でも体力・運動能力が高いことがわかったというものです。

休日は公園へ

私自身は、仕事柄「子どもは外で遊んだほうがいい」ということは耳にしていたので、なるべく休日は公園へ行くことにしています。

息子自身も家に1日中いるのは退屈なようで、お昼になってもこちらが動き出さないと「公園!」と言います。

しかし、公園に行って何か特別な運動をしているかというと、そんなことはありません。

3歳になる今では、アスレチックなどの遊具や三輪車、バイクで遊べるようになりましたが、砂場で穴を掘るだけ、ただ歩くだけ…という時期もありました。

平日、一緒に過ごせるのは数時間で、食事、着替え、お風呂などでそのほとんどが過ぎてしまうので、公園での時間は一緒に遊べる少ない時間です。

手をつかないと昇れなかった階段を足だけで昇れるようになったり、すべり台を怖がらずに滑れるようになったり、遊具をいつの間にか使えるようになっていたり、成長を感じられる機会でもあります。

とはいえ、微笑ましく見ていられるときばかりではなく、知らない子とトラブルになりそうになったり、早く帰りたいな~と思ってしまったりすることもあります。

疲れていると、公園へ連れて行くことすら億劫になってしまうこともあります。

我が家は共働きですので、夫婦どちらかが家で休んだり家事をしたりして、もう一方が子どもと遊びに行くということが多いです。

最初は夫に任せることを不安に思いましたし、実際夫と2人で出かけてケガをして病院に行ったこともあります(大事には至りませんでしたが)。

でも、心配していたら、ずっと息子と一緒にいなくてはなりませんし、息子もパパとのお出かけに慣れないだろう、と割り切ることにしています。

img01499

選択肢を与える

公園へ行くときに気になるのが、いつも同じ公園で楽しいのか?ということです。

親の私からすると、毎週同じ公園に行くのでは飽きてしまうのでは?と、車や電車で遠くの公園まで行っていました。

が、どうやら息子にとってはそうではないことに最近気づきました。

「お馬さんと汽車の公園」と「汽車と路面電車の公園」という、お気に入りの公園が2つあり、土日それぞれどちらかを指定します。

親自身が飽きてしまうので、ほかの公園やイベントへ行くこともありますが、帰るころになってやっぱりお気に入りの公園に行きたい!ということもしばしば。

最近ば冒険することも減りました。

とはいえ、いくつもの公園に行った結果見つけたお気に入りなので、いろいろ行ってみたことはよかったと思っています。

同じ調査では、30代40代の体力・運動能力の低下も挙げられていました。

自身を振り返ってみても、子どもが産まれる前は、通勤の数十分以外はほとんど屋外にいることはありませんでした。

運動するのも、月2~3回のジムと自宅での簡単なストレッチ程度。

そう考えると、子どもと一緒に公園へ行くことは、親にとってもいい運動の機会になります。

ベンチで座って見ているだけではなく、一緒に身体を動かそうと思います。



☆LIVE編集部

子どもの元気

  • 私の体調管理
  • 子どもの元気
  • パパの健康
  • じぃじとばぁば
  • 家族でおでかけ
  • ママになりたい

アクセスランキング(週間)

まだデータがありません。

Key Words!


キーワード一覧