FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

話題のスモールグループトレーニングで 若年層への「楽しいジムトレ」の浸透を目指す

2016.09.15 木 トレンドサービス
s_img_0815

グンゼスポーツ株式会社(以下、グンゼスポーツ)は2016年7月、京都府八幡市に20店舗目の直営店となるグンゼスポーツ京都八幡をオープンした。同店では「楽しいジムトレ」をコンセプトに施設全体を緑化することで”緑あふれる公園”をイメージしている。また、ファンクショナルトレーニングエリアにはテクノジム社の「SKILLMILL」や「OMNIA」などの最新ファンクショナルツールが導入されており、多彩なワークアウトを組み合わせたプログラムを提供している。

【店舗インタビュー】”SKILLMILL/OMNIA”の導入背景・活用法とは グンゼスポ―ツ京都八幡

若年層へのアプローチ強化に向けて 

新店のオープンに向けて、グンゼスポーツ社内では「お客さまのどういった悩みを解決し、どんな価値が提供できるか?」について議論が重ねられてきた。

メインターゲットを若年層の女性に絞り、これまでスポーツクラブに通ったことがない初心者の方にも魅力的に感じるクラブを目指した。「これまでジム通いをしたことがないお客さまに『スポーツクラブって面白い』と感じてもらうためには、従来のスタジオレッスンやフリーウェイトだけではなく、近年のトレンドであるスモールグループトレーニングなど、魅力あるコンテンツ提供していく必要があると感じ、OMNIAとSKILLMILLを中心としたファンクショナルエリアをつくることになりました」こう語るのはグンゼスポーツ京都八幡店支配人兼営業企画部マーケティング戦略リーダー 肥塚 淳一氏である。

「メインターゲットである若年層の女性は、仕事や趣味に費やす時間が多い年代であるため、短時間で運動効果が期待できるプログラムを提供していく必要がありました。SKILLMILLは高強度インターバルトレーニングやサーキットトレーニングなどの多様なトレーニングに組み合わせることができるため、短時間で効果の高いトレーニングができることに加え、運動することの楽しさを実感していただけるのではないかと期待し、導入を決めました」(肥塚氏)

s_img_0785近くには新興住宅地もあり、若年層の会員も多い

<次ページ:ジムが初めての方も楽しさを実感

< 前のページ1 / 2次のページ >