FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

PeGasus NS 手間とコストを削減し、運営サポートもできるシステム

2018.03.23 金 トレンドサービス
shutterstock_405071176

株式会社ネスティ PeGasus NS

株式会社ネスティは、独立系ソフトウェア開発会社として35年の歴史があり、33年間にわたって、フィットネスクラブやスイミングスクールの会員管理システムのソフト開発をし続けている。全国で1,000を超えるフィットネスクラブやスイミングスクールなどで導入され、24時間型ジムへの導入実績も増えている。

ノウハウを集結した最新のシステム

株式会社ネスティの会員管理システム「PeGasus NS」は、ユーザーからの意見や会員管理のノウハウを結集した最新のシステムである。

同システムの特徴は、①システム導入の低コスト化、②会員情報を活用できる、③安心のパッケージ、④サポート体制の充実の4点である。

①単店舗であればパソコン1台で、また、多店舗展開しているのであれば、各店舗の会員情報がネットワークでつながる大規模な構成まで、幅広くシステムが適応できる。事業の拡大にあわせて段階的に拡大していくこともでき、規模とニーズに合わせて低コストで導入できる。また、回線を使用するためサーバを手配する必要がなく、初期導入の費用を抑えることができ、利用に応じた月額料金制となっている。

②フィットネスクラブが会員さまのニーズやウォンツに対応するために、会員さまからのご要望やご意見などを吸い上げるCRM機能、会員の情報を活用するためフリープリントツールとして、管理項目の拡張、自由で簡単な帳票設計、統計機能を標準装備している。これにより、会員さまの情報を活用するクラブ運営を強力にサポートする。

③長年の実績から、システムとして安定性がある。データのバックアップやサーバの老朽化対策も管理し、オプションで柔軟にシステムのカスタマイズを構築することができる。

④システム専用のサポートセンターがあり、常時専門のスタッフが問合せに対応できるサポート体制を構築している。自社開発した、CTI問合せクレーム・修理対応受付システムを活用しており、お客さまからの問い合わせがあると、契約内容やシステム詳細構成、取り掛かり中の案件の進捗状況、過去の問合せ履歴など、状況を把握して対応できるため、誰でもきめ細かくサポートできる。

「会員システムもずっと同じことを続けていればいいものではありません。お客さまから何が求められているか、敏感にアンテナを張って、満足して受け入れていただけるよう、開発とサポートを心がけています」(田村氏)

セキュリティシステムと連携入会システムで店舗の手間をなくす

PeGasus NSは、24時間型ジムには欠かせない、SECOMやALSOKなど各種セキュリティ入退室管理システムとオプションで連携を図ることができる。現在同システムを導入している24時間型ジムには、基本システムである、会員諸届管理、会費・売り上げ管理、銀行引き落とし、施設予約管理、在籍・利用統計、フリープリントに加え、WEB入会、WEB入会予約などのオプションを付けるほか、入退室管理、クレジット継続課金など外部システムと連携して利用していることが多い。

「クレジット継続課金ができるシステムと連携させることで、店頭での現金扱いを削減できます。また、本部での会費請求管理や未納管理を集約することで、各施設での業務負担を軽減させるなど、低コスト重視の施設の運用管理をサポートします」(元治氏)また、システム上のセキュリティにも対応しており、個人情報の管理について、諸届登録の入力更新者の履歴管理や、帳票・データ出力時における権限管理、操作ログの保存機能など漏洩防止対策も行っている。

システムを通してクラブ運営をサポート

今後も、現状のシステム内容に満足せず、進化させ続けていくことが目標だ。また、単にシステムを提供するだけでなく、運営マネジメントも行っていく。「会員システムを通じて、クラブを運営する企業さまにとって業務改善や運営効率化につながるお手伝いを、より高い次元で実現していきたいと思っています。そのために、お客さまからの要望を汲み取り、また先読みして実現することで、ニーズに合った会員システムを提供していきます」(田村氏)