FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

ルネサンス法人向け健康アプリ「カラダかわる Navi」に 画期的な新機能、写真を撮るだけで食材認識・食事の量認識を行う機能追加

2018.05.21 月 スポーツクラブ情報 テクノロジー 新サービス 業界動向
身体かわるナビ

株式会社ルネサンスは、同社が出資する株式会社リンクアンドコミュニケーション(以下「L&C 社」)が開発し、現在全国のルネサンス契約法人に提供している健康経営支援ソリューション「カラダかわる Navi」に新機能が追加され、2018 年5月 21 日よりアップデートする。

今回のアップデートでは、人工知能(AI)技術を活用し、写真を撮るだけで食材認識・食事の量認識を行う日本初の機能が搭載され、利用者の手間を省いた「写真を撮るだけで食事アドバイス」が実現した。
同社は L&C 社と連携し、食と運動の専門家が ICT を活用したサービスを提供し、全国の企業、保険者の健康経営を積極的にサポートしていくという。
※健康経営はNPO法人健康経営研究会の登録商標。

■「カラダかわる Navi」の新機能について

今回のアップデートでは、人工知能(AI)の活用やデータ連携などにより、簡単にライフログを収集できるようになりました。また健診データの結果をふまえた、よりパーソナルなアドバイス提供が可能となる。

1.日本初の 「写真を撮るだけで食事アドバイス」

AI 画像認識により、食事の写真を撮るだけでメニューや食材、食事の量を自動認識してアドバイスを 提供する「写真を撮るだけでアドバイス」を実現した。
日本初※の3つの機能『食材の自動認識』『食事量の自動認識』『画像に対する自動アドバイス』が組み合わされている。
(※ヘルスケアモバイルアプリで日本初 L&C 社調べ)

2.個人の健診結果や目的にあった健康プログラムコースの選択が可能に

健康診断データとの連携や目的に応じたコースを選択することで、よりパーソナルなアドバイスを提供。

・ヘルシーダイエット:痩せたい方向け、カロリーコントロールや糖質コントロールなど、本人の希望にそった方法でのダイエットアドバイス
・健康維持(Healthy Eating):現状を維持したい方向け、カロリーコントロールや糖質コントロールなど、本人の希望にそって、賢く食べるコツをアドバイス
・メタボ改善:高血圧や糖尿病、脂質異常症の予防を目的としたアドバイス

■「カラダかわる Navi」概要

「カラダかわる Navi」は、9,000 名を超える管理栄養士&栄養士ネットワークを持つ健康ソリューションサービス。毎日の食事や運動、体重等の記録に対して、タイムリーに専門家のアドバイスが受けられる。健康のために何をしたらよいか分からない方、健康づくりが続かない方を「カラダかわる Navi」がサポートする。

「従業員の健康は経営のべースである」と捉える「健康経営」が浸透している中、政府等の推進により「健康経営銘柄」や「ホワイト500」の取得が目標になるなど、企業では健康経営の取組みが進んでいます。

一方で、「健康経営宣言はしたが、従業員の健康実践の方法が分からない」「全国各地に従業員が点在しており、健康施策の実施が困難」という企業も多くみられます。
こうした企業にて、誰でも気軽に取組め、各地に従業員が点在していても同じ取組みができるツールとして「カラダかわる Navi」が導入されている。

「毎日、具体的な健康のアドバイスを参考にしているうちに、自然と健康的な生活が実践できた」、「ランキングイベントで従業員が高得点を話すことで、社内での健康リテラシーが高まった」など、好評だ。

今年度は、当社の法人契約先企業を中心に、従業員とご家族の『ダイエット』『メタボ対策』『健康維持』『低栄養対策』等、食事・運動の具体的で実践的な健康ソリューションの提供を拡大していくという。