FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

東急スポーツオアシスオリジナルアプリ「WEBGYM」がGoogle Play「ベスト オブ 2017」アプリ隠れた名作部門入賞

2017.12.11 月 スポーツクラブ情報 テクノロジー 業界動向
oasis

株式会社東急スポーツオアシスの、自社オリジナルアプリ「WEBGYM」が
Google Play「ベスト オブ 2017」アプリ隠れた名作部門に入賞した。

ベストアプリ:https://play.google.com/store/apps/editorial_collection/promotion_topic_3002d08_apps_TP_bestof2017

■WEBGYMとは

「ジムエリア」では、マシントレーニング、フリーウエイトメニューなど実際に器具を使いながら使えるメニュー、「スタジオ」では、24時間365日スタジオプログラムが開催されており、本格的なスタジオレッスンを受けることが可能になる。

また、「自宅でトレーニング(自体重、器具あり)、スポーツ(ゴルフ、サッカー、マラソンなど)、30日間ダイエットチャレンジ、ストレッチ」などジム以外でも自宅、職場で使える運動、ケアメニューが約400種類以上が使用できる。

また、オアシスでは、人と人の繋がりを大切にした「オアシスビレッジ」というサークル活動を行っている。アプリ内では、「交流場」として、利用者がトレーニング記録の日々の記録を行なえ、リアルタイムにユーザー間でコミュニケーションを図ることができる。また、フォロー機能を使うことで、「WEBGYM」内で運動を頑張る仲間と繋がることができる。「コミュニティ機能」では、ハッシュタグ(#)を付けることで、様々なサークルをユーザー自身がつくることができ、興味のあるサークルに自由に参加することが可能。そして、日々の頑張りをゲーム感覚で「ランキング機能」で確認することができる。