FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

ルネサンス、大木ヘルスケアホールディングスと業務提携

2017.05.15 月 スポーツクラブ情報 ヘルスケア/ウェルネス 業界動向
シナプ

株式会社ルネサンスは、大木ヘルスケアホールディングス株式会社と、同社が開発した脳活性化プログラム「シナプソロジー」を活用した業務提携を行うことを発表した。

【業務提携の目的】

ルネサンスは、「健康寿命の延伸」に向けた様々な社会課題の解決に取り組むべく、複合スポーツクラブの経営を中心に、「健康」をキーワードとした事業を有機的に展開している。

その一環として開発された脳活性化プログラム「シナプソロジー」は、認知機能の向上とともに、不安感の低下も期待でき、現在、通所介護事業所(デイサービス)や有料老人ホームといった介護サービス事業、自治体の介護予防事業(認知機能低下予防教室など)や認知症カフェといった場所で活用されている。

大木HDは、「医薬品スタンディングの美と健康と快適な生活ウイングをもつ需要創造型の新しい中間流通業」を目指し、現在提案の領域を広げているが、高齢社会が顕著化する今後、なかでも認知症は大きな社会課題となるため、認知機能を維持・向上させる取り組みを通して、得意先であるドラッグストア・薬局の地域活動をアシストしていきたいと考えている。

今回の提携において、ルネサンスはシナプソロジーの全国普及活動の一環として、大木HDがドラッグストア、薬局に対して行うシナプソロジーを利用した活動を支援し、健康で快適な生活提案を協働で行い、急速に進行する超高齢化社会に対して、相互の発展と社会貢献を測ることを目指す。

【フィットネスビジネス メールマガジンを登録する】

配信内容:フィットネスビジネス編集部が入手した新店オープンや新サービス、業務提携などの最新情報を、他の媒体では得られない情報を随時お伝えします!業界関係社向けの勉強会やセミナー開催についてもお知らせします。

配信回数:随時配信

登録はこちらから >>    https://goo.gl/N5hUhU