FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

マイクロジム成功の鍵 vol.10 – パーソナルトレーニングスタジオ Vision

2017.11.24 金 スキルアップ
vision-bnr1

次世代トレーナーのロールモデルとなるマイクロジムオーナーをフェイスブック「スタジオ経営者コミュニティ」からシリーズでご紹介します!三重県四日市市でマイクロジム店舗を運営する「パーソナルトレーニングスタジオVision」福島悠祐さんにお話しをおうかがいしました。

Q1. 開業するまでのトレーナーとしてのキャリア

理学療法士として整形外科にて勤務。一般の整形外科疾患はもちろん、学生のスポーツ障害を幅広く担当。私立や公立高校の野球部と陸上部のコンディショニングサポート。その他、地域の社会人バドミントンにて小中学生の練習指導。

Q2. 開業したきっかけは何ですか?

病院にいるだけでは怪我をしてからの対応しかできず、怪我をする前に予防したり運動している人がが高いパフォーマンスで活躍できるようにトレーニング指導や身体のケアをしたいと考えたため。

パーソナルトレーニングスタジオビジョン

Q4.主なお客様層を教えてください

スポーツ愛好家の大学生、20 代〜50代の社会人が多いです。身体のケア目的で高齢者もご利用されます。

Q5.集客方法と継続して通ってもらう工夫を教えてください

口コミが最も効果的と感じます。また四日市市でスポーツのパフォーマンス向上や身体のケアもできるといった点をホームページ、facebook、youtubeでの動画配信を通して、発信しています。継続のためにはお客様とのコミュニケーションを大切にしLINE などでいつでも質問できるようなシステムにしています

Q6.やりがいを感じること、うれしいことは何ですか?

お客様が施術後に「今すぐ野球がしたくなってきた!」と身体の変化を感じてくれたり、トレーニングの成果が出て試合で結果が出せたと報告してくれた時です。

Q7.開業して苦労したこと、失敗談を教えてください

集客にとても苦労しました。正直かなり甘く見ていたため、最初の5ヶ月は絶望的でした。苦戦した理由はスタジオの方向性が定まっていなかったことです。またパンフレットや会員証など全てを大量に作りすぎて無駄にしてしまいました。しかし自分の指導したい対象の方を明確にしたり、自分の持ち味を全面に出した集客をしていったら、次第にお客様が増えていきました。

Q8.今後のビジョン、これからやりたいことはなんですか?

学生だけでなく社会人の方たちに、身体のケア方法や効率の良い動かし方、トレーニング方法を伝えることで生活やスポーツパフォーマンス向上に貢献していきたいです。また最終目標はVision養成コースをつくり、たくさんのトレーナーを養成し、四日市の全ての中学校や各スポーツクラブにトレーナーを1人は在籍させたいです。

パーソナルトレーニングスタジオビジョン

【施設概要】 パーソナルトレーニングスタジオ Vision 

パーソナルトレーニングスタジオビジョン

※ピンチインで拡大可(スマートフォンの場合)

「パーソナルトレーニングスタジオ Vision」に導入されているトレーニングツールはコチラ!

グリッドフォームローラー
【グリッドフォームローラー The Grid】
■製品内容:本体、日本語説明書
■販売価格:6,500円(税別)
■購入はこちらからフィットネス市場

パフォームベター ミニバンド 4本セット
【PerformBetter(パフォームベター)ミニバンド 4本セット(直径22.9cm)】
■製品内容:本体
■販売価格:2,200円(税別)
■購入はこちらから フィットネス市場

セノー ディスクシット
【Senoh(セノー) ディスクシット】
■製品内容:本体(2個セット)
■販売価格:6,000円(税別)
■購入はこちらから フィットネス市場

イヴァンコ
【IVANKO(イヴァンコ) IVDネオプレンビューティーダンベル】
■製品内容:本体(2個セット)
■販売価格:3,300円(税別)
■購入はこちらから フィットネス市場

パーソナルトレーニングスタジオ Vision

“スタジオオーナー福島悠祐さんからこれから開業したい人へのメッセージ”
自分がやりたいことの軸をしっかり固めて、それに向けた事業計画をしっかり立ててから開業しましょう。開業前からたくさんの人脈を持ち繋がることも大切です。自分の強みをしっかりアピールして地域であなたの知名度を上げていきましょう!

“スタジオ経営者コミュニティ主宰 取材後記”
25歳という若さで、病院での理学療法士としての活動から飛び立ち、地元の三重県四日市市でパーソナルトレーニングスタジオVisionを運営する福島さん。お客様が自らVison陸上部を作ったり、運動と関係ないゲームを楽しむサークルが作られたりとアットホームなスタジオの雰囲気が伝わってくるエピソードを数多く聞かせていただきました。楽しみながらも、全ての中学校にトレーナーを在籍させるというVision実現のために、着実に歩を進めています。

【記事出典】
月刊NEXT 2017/November No.129
プロフィール:高橋 順彦
株式会社nano代表取締役。パーソナルトレーニングスタジオ ナノ代表。毎月、自身のスタジオで運動指導者向けの『名古屋トレーナー勉強会』を開催。NEXTトレーナー・オブ・ザ・イヤー最優秀賞受賞。