FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

フィットネス・スポーツ業界 合同リクルートフェア、盛況

2016.05.25 水 リクルート
s_p31%e3%83%aa%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2

株式会社クラブビジネスジャパンは、フィットネス業界全体の成長、発展を実現するためには優れた人材が当業界に従事することが必要不可欠であると考え「フィットネス・スポーツ業界合同リクルートフェア」を開催した。

学生に、健康産業市場拡大の可能性を伝える 

政府与党が成長戦略に健康寿命の延伸をかかげるなど、ヘルスケア、フィットネス、スポーツの各市場は、今後さらに成長するものと思われる。その一方で業界のボーダーが薄れてボーダレスの競争が進んでくることが予想され、より一層の変化対応が求められる。そうした新しい時代にあって、健康関連の企業や組織に就職しようと望む学生に、フィットネス、スポーツ業界について知ってもらう機会をもうけるため、同社はフィットネス運営およびスポーツメーカーなどの主要企業が集まる「フィットネス・スポーツ業界合同リクルートフェア」の開催に至った。

東京・飯田橋にて開催出展企業数10社

同イベントは4月3日(日)、東京都新宿区にある「ベルサール飯田橋ファースト」の地下1階にある約300坪の大ホールにて開催。株式会社ルネサンス、株式会社カーブスジャパン、株式会社東急スポーツオアシス、グンゼスポーツ株式会社、グローバルシステムズ株式会社、セノー株式会社、株式会社J-Workoutの10社が参加した。後援は一般社団法人日本フィットネス産業協会(FIA)、株式会社マーススポーツエージェント、協賛は大塚製薬株式会社、株式会社丸善。 同社は5年ほど前にごく小規模で同様のイベントを開催していたが、この規模での開催は初めてとなる。

午前の部と午後の部の2部制にして、 各部冒頭にて古屋が業界の魅力とそこで働くことの可能性、業界の将来性などについて講演。参加する学生がさらにフィットネス・スポーツ業界に興味を抱けるようにした。その後、出展企業のブースをまわり、各社の会社説明を聞けるようにした。午前の部と午後の部の間には、ドームアスリートハウスゼネラルマネージャー友岡和彦氏による特別講演「トップアスリートに学ぶ、ビジネスキャリアのつくりかた」を設けた。また、来場者には同社が制作し、通常は販売している雑誌「リクルートマガジン2017」を配布した。同雑誌には、フィットネス業界の歴史やキャリア形成、新卒社員や支配人インタビューのほか、新卒採用情報が掲載されている。

来場者数約490名 7割が健康・スポーツ系学部在学 

同社は専用WEBページやSNSで告知するほか、各大学および専門学校へ出向いて就職課を通して学生に告知した。事前申し込み者数は約490名、来場者数は約380名(午前270名、午後110名)だった。うち、大学生は約150名、専門学校生は約230名。来場者の学部・学科の割合は約7割が健康・スポーツ・トレーナー系、2割が栄養系、1割がその他(法学部・経済学部・商学部・経済学部など)だった。また、首都圏以外からも東北地方約60名、東海地方約10名、関西地方約15名、四国・中国・九州地方約10名が来場した。出展企業からは「フィットネスへの関心の高い学生が多かった」「やる気のある質の高い学生と会えた」「実際の採用に結び付きそう」など、好意的な意見が多かった。このたびの盛況ぶりをみて、同社は来年も同様のイベントを開催することを計画している。詳細は本誌および同社WEBページにて随時案内する。

「フィットネス・スポーツ業界 合同リクルートフェア2018」開催!

2017年3月18日(土) 東京会場
2017年3月25日(土) 大阪会場

スポーツ・健康ビジネスの就職ガイド「リクルートマガジン2018」
2017年3月上旬発行予定 リクルートフェア出展企業およびリクルートマガジン出稿企業を募集いたします。

お問い合わせ:recruit@fitnessclub.jp
担当:剱持・杉山・林口