FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

オージースポーツ ”マインドフルネス”プログラムを15店舗で導入

2016.09.23 金 プログラム 新サービス
s_%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb%e5%83%8f

株式会社オージースポーツは、様々な分野で注目されているマインドフルネス瞑想を用いた『マインドフルネスヨガ ~観~』を10月から直営フィットネスクラブの「コ・ス・パ」15店舗に導入する。

このプログラムは、ヨーガ・瞑想実践家である中島正明氏の監修によるオリジナルプログラムであり、マインドフルネス瞑想やボディスキャン、呼吸法、アーサナ等などを効果的に受けられるようにしていく。
「今この瞬間」の自分の感情・考え・五感に意識を集中することにより、集中力の向上や、物事を冷静にとらえ感情のコントロール力が高まるメンタルトレーニングであり、忙しいビジネスパーソンにおすすめのプログラムとなっている。

マインドフルネスとは・・・

「マインド(心の注意)」が「フル(満たされている)状態」、つまりは心がどこかに拡散していなく、「自分の周りで起きている事象、すべての事柄に100パーセント集中している状態」です。伝統的な仏教などの中で実践されてきた「瞑想」を、宗教性を排除したうえで「集中力やEQ、対ストレス性などの向上を目指すためのツール」として切り出し、現在では、代替医療の現場や教育、経営で使われるようになっています。

最近では、科学的に瞑想による集中力強化・ストレス低減が科学的に証明されつつあります。たとえば、米国のマサチューセッツ大学医学部瞑想を医学的に調査した研究論文を多数出版しているほか、スタンフォード大学ではマインドフルネスの正式な授業があり、有名大学がマインドフルネスの研究・教育を進めています。

また、マインドフルネスはビジネス界にも浸透しており、Google、Facebookなどのベンチャーが導入するIntelなどが世界10万人の社員に対して、瞑想を取り入れた社員研修プログラムを導入しています。

【関連記事】 論より証拠  -その3 エビデンスからムーブメントを起こす(前編)(2015.8.15)