FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

【支配人・マネージャーインタビュー】#6 好きを活かして、自分らしくワクワク働こう!

2018.02.02 金 社員インタビュー
106

だから私たちフィットネス業界に就職しました!

フィットネスクラブ業界を代表する10社のマネージャー・支配人に、入社のきっかけやこれまでの苦労、仕事の楽しさ、今後の目標について聞きました。キャリアの参考にしてみては。
【お話を聞いた方】

株式会社LAVA International (ホットヨガスタジオLAVA)経営管理部 PRグループ
城所 恵美さん

 floating yoga_image

ヨガ未経験から、人材育成トレーナーに

株式会社LAVA I n t e rnational で広報・P Rを担当している城所恵美さん。早稲田大学在学中からチアダンスクラブチームで活動し、フィットネスクラブでスイミングコーチのアルバイトをするなど、積極的にスポーツに関わってきた。就職活動中に出会ったLAVA の会社説明会にワクワクして入社を決めたという。「同期入社の全員がヨガ未経験。研修を受けてインストラクターとしてデビューしました。プロとして自信をつけるために多くのスタジオに通い、お客さまからも感謝の言葉をいただけるようになったときは嬉しかったです」

ゼロから1をつくることが得意だったこともあり、入社1年目からプログラム開発を任され、3年目からはトレーナーとして新人育成とプログラム開発に並行してあたってきた。もっとヨガの良さを知ってもらうために、広報・PR担当として新たなキャリアをスタートしている。

「好き」を活かして、自分の想いをかたちにする

自分の好きなことや得意分野でキャリアアップを目指せるLAVA。やりたいことや夢を後押ししてくれる社風が魅力だ。

「ダンス経験者の活躍の場をつくりたいという想いで、SMIcKEYS という公式ダンスチームをつくりました。ディレクターとして振付や50人いるメンバーのマネジメントをしています。社内外のイベントに出演し、“魅せるヨガ”というスタイルで広報活動をしています。社内でも意識の高いメンバーが集まり、“好きを仕事に人生をワクワク生きる”という理念を体現するチームを目指しています」

男性にも、もっとヨガを。メンズヨガプロジェクト進行中!

ヨガは女性だけのものではない。トップクラスのアスリートやビジネスマンがその効果に注目している。体系だった理論や哲学がしっかりしているヨガは、男性が追究したくなる要素がたくさんある。社内のメンズヨガプロジェクトを主催し、男性インストラクターの育成や男性向けプログラムの開発にも力を入れている。定期開催しているメンズ限定合宿は、仲間と切磋琢磨しながらトレーニングに集中できる時間として男性社員からも好評だ。

彼女の目標は「ヨガで日本の健康寿命を高めること」。年齢性別問わず、誰もが当たり前のようにヨガを楽しめる文化をつくるために、新しい挑戦を続けていきたいと熱く語っていた。 

「フィットネス・スポーツ業界 合同リクルートフェア2019」の事前登録はこちらから