FITNESS BUSINESS

facebook twitter googleplus

【月刊NEXT特集】疲労回復&機能改善のジム運営#6 GRIT NATION

2018.05.28 月 キャリアアップ リクルート
GRIT-トレーニング2

「自分で選び」「楽しい」から続けられるプログラムで 動作を鍛えて、
力みなく動ける身体をつくる GRIT NATION

201805繝阪け繧ケ繝・atsukoお話を聞いた方

GRIT NATION
Performance Therapist
髙谷温子さん

動くことで身体がラクになる

GRIT NATIONは、「スポーツの力で世界を鮮やかにするライフスタイルブランド」を標榜し、「人間本来の身体機能を取り戻す」をコンセプトに、動作を鍛えることを目的としたグループセッションを中心に提供している。

最大の特徴は、自ら運動を習慣化できることをサポートする一週間のプログラム構成だ。月曜日から土曜日まで、曜日ごとにテーマを明確にした45分の少人数クラス(定員12人)を毎時0分にスタートする設定。

月曜日から段階的に身体の機能改善からパフォーマンスアップへと調整できるようにテーマ設定がされており、さまざまなギアも活用して、興味を持ってクラス参加を継続できる環境と指導を提供している。中心のコンセプトは「動作を鍛える」ことで、目指すのは「力みなく動ける身体」。月曜日から段階的にクラスに参加していくことで、動きながら自分の身体や動きの状態を認識することができ、自身の目的や興味に合うプログラムを「選んで参加する」ことを大切にしている。

プログラムデザインは、長年プロアスリートのトレーナーとして活躍してきている友岡和彦さん。この運営体制と効果について、同ジムのパフォーマンスセラピストとしてレッスンとパーソナルトレーニング、また、社内指導を担当する髙谷温子さんは、こう説明する。

「運動が日常化していない一般の方々の場合、動かないからこそ疲れを感じている人も多いのが現状で、『動くことで身体がラクになった』という声を多く聞きます。また、続けることで機能的に動けるようになりますので、歩いたり走ったりがラクになったり、身体の強張りがとれてより疲れにくくなったという実感を持つ方も多くいらっしゃいます。
トレーニングをグループで楽しくできることもポイントだと感じます。私もトップアスリートのパーソナル指導を長くやってきていますが、目的志向の高いアスリートでさえ、『正しいこと』をいくら指導されてもなかなか身につかなかったりします。GRIT NATIONでは、グループの楽しさに加えて、手にとってみたくなるトレーニング機器や、曜日ごとに違うクラスのテーマから、新しい出会いや成果に楽しさを見出していただくことで、自分から『やってみよう』『続けよう』という自発的なモチベーションに繋げていただきたいと考えています」

リセットからインテグレーションへ、習慣化と進化をサポートする仕組み

GRIT NATIONでは「進化を楽しむ」を理念としているが、運営体制も身体の進化が楽しめるようにフォーマット化して、その実現を目指している。

プログラム構成は、月曜日は機能改善にフォーカスした「RESET」、火曜日は脳と動作をリンクさせて反応や瞬発力を引き出す「LINK」、水曜日は全身の連動性によるパワーを引き出す「FORCE」、木曜日は筋力を高める「PUMP」、金曜日は心肺持久力とメンタルな強さを引き出す「GRIND」、そして土曜日は全体を統合する「INTEGRATE」と、それぞれのクラステーマを明確にしている。

クラスは45分間に統一し、平日は、午前中は7~10時、12時スタート、18~21時の、毎時0分にスタートする設定。オンラインでの予約制でライフサイクルに合わせて参加日時を調整しやすくすることでも運動の習慣化をサポートしている。

また、すべてのクラスで、最初の15分はウォーミングアップとして、①ストレッチ→②体幹部を安定させた状態での股関節や肩関節など主要関節のモビリティを出すエクササイズ→③立位での代償動作を防ぐ中殿筋のアクティベイト→④立位で体幹部を安定させた状態で四肢を使う動きに統合するインテグレーションを行い、動きの調整を行っている。

クラスの流れは、3ブロック構成で、ブロック1は上記のウォーミングアップ、ブロック2とブロック3は、参加者を3つ程度のグループに分けて、その日のテーマに沿ったエクササイズをサーキット形式で行う内容。 指導にあたるパフォーマンスコーチも、それぞれの資質や強みを活かせるよう配置している。

正しい動きを伝えることに強みを持つコーチは週の前半を主に担当。ダイナミックに動いたり、キツいトレーニングを、楽しい雰囲気で一体感や達成感に演出することが得意なコーチは、週の後半のクラスを担当するなど、テーマに合わせて参加者が心地よくトレーニングに取り組める環境を整えている。

17